新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

374Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
話題に上げて頂き有り難うございます(笑)。このタイミングで上場した事の成否は、5年後のユーザベースの姿が一つの答えになるかと思います。大山さんの日本M&Aセンターも上場時は弊社と同じ約200億円でしたが、今では2500億円をゆうに超えます。結局何より大切なのは上場が成長にとって最短距離だったのか、という点だと思いますので、誰が見ても上場して正解だったと言われるよう、経営して行きます。
因みにこれは上場の主目的ではないですが、VCが儲かる事はとても大切な事だと思っています。GMO-VP、マネックス、グロービスなど、弊社を支えて頂いたVCがリスクを取ってくれなければ今のSPEEDAもNewsPicksも存在しませんので。そのため、どうやったら一定のリターンを返せるかは経営者としては当然の使命として考えていますし、それはVCだけでなく、上場してからも変わらない事ですね。
もう一つ、上場してみて感じた事として、未上場マーケットと上場マーケットの間のバリエーションに大きな乖離が存在するのではという点です。あくまで感覚値ですが未上場で200億円ついている企業がそのまま上場しても100億円しかつかない、という感じで、パブリック投資家は冷静かつシビアに企業を判断している一方、未上場マーケットは依然として、高いバリエーションがついている企業が多い。これはどこかのタイミングでプライベート投資家からパブリック投資家にバトンタッチ出来なくなるという事ですので、少し心配しています。(あくまでも僕の感覚論です)
ユーザベースのIPOはやはりタイミングがあまり良くないと今でも感じている。ブルームバーグ+日経新聞FTに比肩する事が出来る数少ない会社。できればユニコーンで巨額の資金調達をしてゴリゴリ投資してビッグなIPOをして欲しかった。いまの時価総額だとブルームバーグからしたら全然小さい。これでは戦えない
堀江さんも楠木さんもスモールIPOに反対でした。しかし、上場の目的は、資金力と信用力をつけることで、信用力だけでもいいと思います。2006年のGCA上場は信用力の向上が目的でした。堀江さんが、上場した際に短期的利益を求められすごいプレッシャーだったと言われたのには驚きました。上場企業の経営者は、決して短期的利益を追わず、中長期的な価値向上に努めればいいと思います。何れにせよ、私は、スモールIPO、市場のニーズがある限り、したければすればいいと思います。
堀江さんは大損した株主が集まる株主総会を「債権者集会みたい」と仰っていますが、知人の社外取締役は「被害者の会」と揶揄していましたね。ひどい呼び方ですが。

確かに上場コストは金銭的なものも、意思決定に与える影響を鑑みても馬鹿になりません。
本来であれば、事業拡大を目指して広く資金を集めるために上場するはずですが、ひとたび上場すると、現実的には市場変更くらいしか追加での調達のタイミングがありません。サイズが小さいのであれば、むしろ非公開の方が資金は調達し易いのではないかと思うこともあります。

時価総額100億円前後をシリコンバレーに当てはめれば、ミドルステージ、もしくはアーリーステージのスタートアップに該当します。VCの投資対象です。
ただ裏返して言えば、そうした初期段階の企業を、広く個人投資家が支える土壌が整っているとも言えますし、それ自体は日本の独自発展であって、ひとつのあり方だとも思います。(この点だけ見ていると、「日本人のリスク回避志向」という俗説は大嘘なんじゃないかと感じてしまいます)
問題は時価総額が数百億前半の段階だと機関投資家の買いも入りづらく、目線の短い個人投資家を中心とした株主と付き合うことになり、短期目線に振り回されかねないことです。
経営者は目の前の株主に真摯に向き合い、報いるべきですが、あくまで長期的な目線で会社の成長を考えていくべきです。また、そうした姿勢を応援する投資家こそが、こうした段階の「上場スタートアップ」には必要だと考えます。
ウチも佐山先生が創業されたGCAさんの翌日にIPOしていますが、スモールだろうがなんだろうが、あの時上場して本当に良かったと思っています。
因みに上場10年で、時価総額はIPO時の10倍以上の2500億程度になっています。
ウチの会社がそれなりに企業価値を上げることができたのは、IPOによる知名度のアップと人材確保が効いたからで、謂わばIPOによるレバレッジがあったからです。

昨今上場ゴールと思しきIPOが続いている為、スモールIPOが悪という論調が出てくるのでしょうが、私の経験からは、本来IPOこそ成長の最大のレバレッジであり、その好機を生かせないのは、経営者の責任であって、IPOそのものとは関係がないのです。

IPOを一度経験してみると分かりますが、その前後2-3年くらいは、1つの目標に向かって全社員ベクトルが揃うことで急激に会社が成長するステージがやってきます。

しかし、その成長ドライブは、数年しか続きません。
それを自社の実力と勘違いすると、上場ゴールという結果になってしまうのです。

IPO後に成長を続けるために、その後を考えて二段階目のロケット準備しておくことが必要です。

問題はIPOの規模の大小にあるのではなく、そのレバレッジを活かせない経営者にあるのです。
ま、「大きなお世話」という話です。失礼いたしました。いずれにせよユーザベースは成功すると思います。
上場が悪いとは言わないし、上場に向けて内部統制・ガバナンスを強化するのも一概に悪いことではない。ただ、文中に指摘があるように、上場後は開示が厳しくなり、短期的な業績に一喜一憂するようになりがちで、大きな戦略転換が難しいい。また、開示を含めた事務作業などのコストが非常に高く、特に小規模なIPOの場合、意味のある資金調達ができるかといえばそうでもない。

信用力がつくとかいう定性的なメリットは否定しませんが(もっとも、未上場でも立派に社会に認知されている会社はたくさんある)、僕が最近感じているのは、まさにVCと創業者、そして幹事証券会社が儲けるためにIPOをしているのではないかなあということ。特にIT系のIPOのバリュエーションは異常値になっていることが多いように感じます。気を付けておきたいところです。
VCの立場を考えると、提供した資金はLPから期限付きで預かったコストの高いお金であり、VCは期限内に適切なリターンを計上する責任を負っています。

発行体が「時価総額1000億円にしてからIPOする、Exitまで20年間待ってくれ」と言ってVCからの調達を行なっていたのなら話は別です(日本にはこのような性質のカネはシナジーのある事業会社からしかありませんが)。
そうではなく、発行体が「今シリーズ●の増資でプロダクトは●の状況であと●年を目処にこのくらいの規模を狙います(implyingこの辺りでIPOを狙います)」と言って調達を行なったのであれば、VCを責めるのは違うんじゃないかなと思います。

なお、VCから調達して、更に従業員にIPOをトリガーとした税制適格のストックオプション(期限10年)を配布したりしていたら、【会社にとり最初の最初から】IPOを目指すことが運命に組み込まれていると言えます。
IPOでのアップサイドがあるからこそ、VCなりマーケットで評判の優秀な人材を赤字企業が惹きつけることができたという側面は無視できません
確かに上場して名前が売れると、創業時には難しかった優れた人材の採用ができるようになります。ただ、気を付けないといけないのは、優秀な人材はお互いに気を使って中途半端な妥協をするようになることかもしれません。

ある意味、非公開時は、経営者が圧倒的に強いということもあり、顧客の信頼を獲得し、競争に打ち勝っていくために、社員のメンツなどは二の次でしたが、優秀な人材が経営に携わることで、顧客よりも社内に目が行くことになる場合があります。
梅田さんの男前なコメントからだけでなく、IPO後の株価やIRを見ていても、ユーザベースさんは真摯に株主との対話を重ねているなと感心させられます。
昨年末12月26日に発表した業績見通し修正に関するプレスリリースにしても、短期的な利益趨勢と中長期的な先行投資のバランスについて定量的な補足がしっかり記載されていて秀逸でした。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア