新着Pick
287Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
糖尿病の網膜症は、日本では大人が失明する原因の第2位です。初期には症状がほとんどないため、定期的な検査が必要です。

記事によると、インドと米国の医師54人とあり、医療の水準や病気の構造が異なる国で、どの程度の専門性やキャリアをもったドクターが参加したのかわかりません(おそらくインドでは糖尿病自体が少なく、米国では多い)。

ちなみに歯周病も糖尿病の合併症の一つです。私たちの病院では、糖尿病内科の先生と眼科の先生と連携をとって検査や治療をしています。

手軽に検査できるのであれば、早期診断治療に大きな役割を担う可能性があります。楽しみです!

参考:日本眼科学会 糖尿病網膜
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/momaku_tonyo.jsp

追記:平松先生のご指摘で第1位から2位に修正しました。ありがとうございます!
専門医でも100%診断できないですからね。
それを超えた水準というだけですごい。
人間は失敗しまくりなのに、機械によるエラーは認められないという考え方そのものがおかしな話。
信頼している放射線科診断医でも、「これ見落としてるよ〜」ということは、意外によくあります。

特定の部位を、病歴や他の検査所見と併せて、病気の状態のストーリーを組み立て、診断していくのは人間の最も得意とするところで、現場の放射線科の先生方の腕の見せ所なのですが、いわゆるスクリーニング的検査には、器械による診断の方が遥かに上なのは当然でしょう。

以前から言っているとおり、補完関係で医者と器械(メーカー?)と患者さんの「三方良し」を目指すのが正しいです。
先日骨折し、整形外科医と手術の適応をレントゲンをもとに話し合うのですが、彼らの意見が大変曖昧。レントゲン以外の診察を彼らはせず、結局はこちらが催促して病変部を診てもらうと、骨折部が皮膚にかかっており手術必要となりました。レントゲンなどのデータのみによる診断の不十分さと、医師が患者に向き合う重要さを痛感しました。ロボットのように精密になれない人間(医師)の不十分さを機械が補い、機械の不十分さを人間が補うチーム医療が未来のかたち。どっちが上かはいいんじゃないですか〜?
同級生220人のうち100人くらいが医者になる特殊な高校だったので、同窓会ゴルフした時にAIによる画像診断はよく話題になるのだけど、すごい勢いで進むという見解で一致していた。数年で実用化事例も色々と出てきそうだから楽しみ。
スマートフォンによりこのような写真を取るという取り組み
もあります。組み合わせれば自宅で検査が可能になり
医師の介在がいらなくなります。
(まだ解像度の問題がありますが)

その手前の方法として、
内科にかかったときについでに写真を撮るという
方法を使えば受診は内科だけですみます。

糖尿病の方は内科にはいくけど眼科にはいかない
という人が多く、末期状態の治療は苦労するので早めに
導入できると嬉しいです。

糖尿病網膜症は日本の失明原因の第二位で一位が緑内障です。
(昔一位でしたが日本眼科学会のページは昔のままですね)
はやいとこデータを蓄積して自動診断の精度を上げて欲しいところ
AI、機械による判定は、一般的に感度は高く、特異度が低いのが一般的です。つまり、"何でもかんでも異常所見は拾い上げてしまう"というものです。心電図はすでにどこ病院でとっても機械の判定が出るようになってますが、何でもかんでも拾い上げてしまうため、医師によって重要な所見かどうか判断された上で治療に生かされます。多分、画像関係のAIはこの状態がしばらく続くはずですから、機械判定→すぐ治療に結びつかないと思います。ただその分、精密検査すべきかどうかのスクリーニングとしては役立つのかなと思ってます。

糖尿病の合併症は、頭をとって「しめじ」と言われています。神経障害、眼症状、腎障害の順に現れます。一般的な内科医は、神経障害や腎障害は身体診察や血液検査で概ね拾い上げることができるのですが、眼は症状として現れる前から進行しており、どうしても定期的に眼科にかかってもらう必要があります。そこでこのAIがスクリーニングの役割を果たし、拾い上げられたものだけ眼科にかかってもらうようにすればかなり患者の負担が減るのではないかなと思います。

AIが医師の判断を超えるのは、この記事の技術が実現しても、倫理的にまだまだ先になると思います。
医療系の新技術は実用までのハードルが高いですが、特に診断系はもうちょっとライトに使えるようになるといいなあと思います。
・診断して、間違って病気と判断されても二次三次診断があるでしょうから、さほど大きな問題にならないでしょう

・診断してもらって見逃されたら悪化してしまったリスクは他の検診でもあるでしょうし、その診断自体をきちんと位置付けることで二次三次診断をすべきと注意喚起する

などで問題点は回避できるでしょうし、メリットとして
・新技術は痛みがなかったり人件費がかからず費用が安くなることが多い
・上記を受け、診断を受ける人の数が圧倒的に広がる
・臨床試験段階でも無料で広く応募できれば臨床試験が早く安く進む
といったことが圧倒的に大きいから。

でもあくまで診断についての技術について言っていますので、御間違えないようにお願いします。治療になると安全性、効果、費用の問題が圧倒的に複雑になると思っていますので、上記のような軽い感じではすべきではないと思っています。
人工知能が囲碁や将棋で示した混乱した判断は、その後どう解決されて医療に適用されているんでしょうね。