新着Pick
256Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
休眠預金活用法案が成立しました。休眠預金とは何か。また海外での活用事例などをまとめたサイトもありますから、御覧ください。
http://kyumin.jp/about/
返還請求があればすべてお返しする必要がある資金です。またマイナンバーが整えば、将来的にはなくなる性質の予算です。ですから、恒久的に必要な予算(例えば給付型奨学金)よりも、融資やインパクト投資等への活用が適しています。
駒崎弘樹さん筆頭に、新公益連盟のメンバーも法案成立に尽力しました。今後の透明性ある運用についても、引き続き提言ができればと考えています。
10年以上動きのない預金の活用方法として、金融機関の収入としていたものを、社会課題解決のための予算に回していこうという動きですよね。後半にもNPOのみなさんの名前が出てくるように、NPOとしては待ち遠しかった人が多数なのではないかと思います。
資金繰りの難しいNPOの立場からすると、新しい可能性が出てきました。

ただ預金をしている人からすると、「NPOなどに使われる前提で預金してねーし」ということになるので、どこまで受け入れてもらえるかが焦点なのかな。
あとは、NPOの立場としても、分野が限られているのを見ると、異論はでてくるのではと思います。分野選定はどういう基準なのかな。
税金と同じで、どんなNPOにどのように使ってもらうのかが見える化しないと、納得されないだろうし、場合によって恐ろしさも個人的にはあります。
とはいえ、まだ勉強不足だし、議論の余地があるものだと思うので、みなさんのコメントをみて学ばせてもらおう。

ちなみに後半に名前の出てくるNPOの方は新公益連盟の関係者の方ばかりみたいですね〜。
http://www1.shinkoren.org
基本賛成。
ただし、こうなったらなったで「なぜAは良くて、Bはもらえないんだ」という分配判断をどうするかという課題が生まれますね。老人より育児系が優先などとは決めきれないでしょうし、社会的価値を全て数値化とかも無理でしょうから、審査員制度とかになるのでしょうか。一口にNPOと言っても玉石混交だし、その辺の株式会社より高い給与取ってるNPOもありで、セレクションの判断基準は難しいかも。
例えば宮城治男さんが中心なら、信用します。
現実のお金として使ってしまうものの、預金者から払い戻し請求があれば返金する。

帳簿上は、準備金でも置いておくのでしょうか?
払い戻し請求をする人がせいぜい5%程度だとすれば、10%の準備金で対処して、90%を公益活動に充てるという仕組み?

まさか、金融機関の収益として計上したものを召し上げるという処理はできないですよねー。

扱い方を間違えると憲法が保障した財産権の侵害になるので、システムをきっちり整備する必要がありますね。
持ち主に返還する努力をするのが筋です。私有財産なので。
持ち主に返すのが本来の姿では?
マイナンバーを銀行口座と紐付ければ、容易に実現出来る。
10年以上入出金取引のない預金口座がNPOや自治会に活用される法律が成立したとのこと。本件により銀行は暫く対応に追われるのではと想像します。実務的には長年動きのない口座の解約手続きは通常の解約に比べて事務が輻輳します。これから年末にかけて新券両替や、普段銀行に来店されないお客さまが来店される時期です。気になってはいたけれど、手続きしていなかったお口座の手続きに来店される方が増えるのではないでしょうか。

今後はどの様な先にこの多額の資金を活用していくのか、その選定が非常に大切ですね。
MWさんの仰るように実務上、休眠預金は一旦雑益計上し、本人確認等ができれば払戻しに応じ、消滅時効の援用はしていない。
実質的な歩留まりに着目した公益の名の下での、筋の違う流用は、おかしな話になる。
さて、いよいよここからですね。本当に必要なことに、成果を生み出せることに投資できる環境を。新しい公共支援事業のようなばらまきだけは絶対にしてはならない。
休眠預金を活用することには賛成。しかし資金をどういう基準とプロセスで、どこに供給するかは、高い透明性とガバナンスのもとでの運用が必要。この仕組みを「監視」する装置を求めたい。