新着Pick
668Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
電子タバコを薬の吸引機だと考えると、半端ない市場なりそうです。
人気 Picker
JTのプルームテックもかなりインパクトあると思います。実はドラッグデリバリーシステムとしての紙タバコは燃やして煙を吸うという非常に原始的な方法のまま現代まで来てしまいました。イスラム世界では古くから水タバコという先進的なドラッグデリバリーシステムが発明されて広まっていましたが携帯性がわるくこれまで世界的には普及していませんでした。大きく変わったのがエネルギー密度の高いリチウムイオン電池が発明されてからです。もともとノートパソコンや携帯電話用に開発されたものですが、こいつが水タバコの超コンパクト化を可能にしたのです。その結果肺がんや受動喫煙のリスクが高いスモークによる喫煙から人間を解放してニコチンだけを効率的にベイパーで吸引できるようになりました。日本では薬事法の関係でニコチンリキッドではなく刻みたばこを使っていますが。。ニコチンなしのフレーバーもありますし、逆にアルコール入りもありだったりして私は肺がん対策もですが将来的にはドラッグデリバリーシステムとしても期待できると思ってます。JTもその方向性でしょうね。大麻が解禁されてる国では大麻も電子吸引になってます。
IQOSを始めたのは6月ごろからです。副流煙がないので周りに迷惑をかけない、臭いもほとんどない、よく考えられた商品です。火をつけるわけではないので火災の心配もない。僕の周囲もIQOSだらけとなりました。JTは完全に遅れをとっているので、早く新製品を発売しないと市場を奪われてしまう、何をやっているのだと言いたいね。
IQOSの発想の優れたところは、携帯電話の初期と同じで、ただでも機械を配れば通話料が取れる、というところです。実際は1万円のツールですが、毎月のタバコ代金が確実に入る、マルボロしか吸えない仕組みだから。形も携帯電話と似ているので、携帯が一個余計に増えてポケットが膨らむ感じです。
タバコを吸わないホリエモンが詳しいのは意外でした。そういえば数カ月前に、ホリエモンの面前でIQOSで吸っていたけれど。
たばこ産業は難しいポジションに立たされていますね。健康被害を考え国を挙げて禁煙を啓蒙している中で、たばこを売らなくてはなりません。

人はなぜ煙草を吸うのか、リラックスのため、休憩のため、など、たばこを吸う目的を抽象化し、その目的に合わせた新しい事業を組み立てていかなければいけないのだと思います。

富士フィルムはフィルム事業の会社からライフサイエンス企業に生まれ変わりました。それに近い改革が必要なんだと思います。
PMのアイコスに続き、JTのプルーム・テック本格発売が秒読み段階に入りました。来年は電子たばこ市場が一層盛り上がります。本記事のような攻めのPMに対し、買収等でグローバル化がすすむJTは、どういう戦略となるのか。たばこ撤退は世界規模の農地改革にも関わる問題ですので、注目が集まります。
iQOSって知らなかったのだが、電子タバコらしい。調べてみると、喫煙者にも評判良いようだ。私はかなりの嫌煙家なので、この流れは嬉しい。

電子化は様々な付加価値を産むのではないか。どの種類をいつどれだけ吸ったかを記録出来るので、健康上相応しくないレベルになったら警告を出せる。逆に、禁煙プログラムを組んで、一定量以上吸わせないとか頻度を抑えるようにすることもできるはずだ。徐々にニコチン濃度を減らすなど。
「フィリップ・モリスが市場でたばこを売らなくなる未来をわれわれは確かに見据えている」。これは歴史に残る言葉かも知れません。たばこを将来に残す理由を見つけられないのは事実です。「統計学は最強の学問」の中にも出てきますが、タバコの有害性を科学的に立証したのは統計学と公衆衛生学の最大の成果だとされています。
アメリカではこの報道でフィリップモリスの株価が下落している。ただ、この方向性は間違い無いような気がする。禁煙、健康被害など騒がれているのでiQOSへの完全移行を早急に進めることに賛成。
健康被害どうのこうのじゃなくて、電子タバコの方が数倍儲かるとっても美味しい商売だからです
かなり初期からのiqosユーザーです。想像以上に紙タバコから移行早まりそうですね。あとは異常なまでの本体品薄をなんとかしてもらえれば。
マーケティング施策で供給絞っているとしか思えません。
時代は変わりましたね。私が子どもの頃は父親のおつかいでタバコを買いに行ったし、入社すぐの頃は大部屋でタバコ吸う人もいましたっけ。