新着Pick
485Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フィンテック絡みの記事なので、電子化への期待が多くなるのは当たり前ですが、今回の改革はフィンテックは関係なく、インド経済の20%以上を占める地下経済の炙り出しが目的です。

この通貨改革は、現在インドで流通中の貨幣の総額(約25兆円)の87%を占める高額紙幣、500ルピー(約1000円)と1000ルピー(約2000円)紙幣を廃止し、その保有者は、銀行口座に預金するか、銀行窓口で小額紙幣に交換すべしというもの。

併せて、銀行は新規に25万ルピー以上の預金あれば、預金者の詳細を税当局に通知する義務があります。

つまり秘匿され、脱税の温床になっているアンダーグラウンドのマネーを当局が完全に把握することが目的なわけです。

流通通貨の9割近くが消えたことの影響は甚大で、高級品マーケットはほぼ壊滅状態。
GDPは最大2%減少すると見込まれています。

長期的には地下経済と脱税の減少で経済に好影響を与えるだろうと言われていますが、混乱の収集にはどのくらいかかるかは今の所不明です。

実際問題、フィンテック云々は、その次の段階の話ということになるでしょうね。
日本は早くやった方がいい

日本のキャッシュ依存度は発展途上国並
イギリスもドイツもデビットカードとかかなり進んでて、よっぽどお金扱いやすかった
中国も最高額紙幣が100元(約1600円)なこともあり紙幣が嵩張るので電子通貨やデビットカードの普及理由の一つになっています。高額紙幣が出来ない理由については偽札問題から給与低い人のモチベーション問題(香港同様に1000元札を導入すると給与がお札2枚、3枚の人がいる)まで色々噂されますが真意は不明です。
インドにおけるfintech発展の可能性は確かに大きいと思う。
「戸惑いは抵抗は一夜にして消えた」とあるが、すでに自殺者も出ていることを考えるとどう評価すればよいのか複雑な気分になる。
ブラックマネー根絶へのモディ政権の覚悟があってこそ、今回の急転直下の判断に至ったのだろうが、インドに住む知人は「個人消費の低迷など、現段階では少なくともマイナスの方が大きい」と話していた。
メディアによって評価が異なる、今回の政策の行く末は興味深いですね。
壮大な実験。これでインドが一気にフィンテック大国になれば、大英断だったという事になりますね。
これで汚職が減らせると良いですね。新興国には汚職がかなりあり、それで投資活動にクリティカルダメージを与えるときがあります。やり過ぎれば消されてしまうでしょうし、さじ加減が非常に難しいと感じます
こんな戦略が有効なのか!
 中長期的にアングラ経済を根絶し、デジタル経済を躍進させる、そのために短期的な大混乱を受け入れる。
 勝てば官軍、という言葉がありますが、結果的には将来絶賛される制作となる可能性もあるのですね。
この爆発的な特需の中心にいる、当社投資先も以下のコメント。この特需は予測していなかったが、見逃し不可な巨大市場なので当然投資アクションしています。
「 ユーザー数4000万人、加盟店数25万店のMobiKwikでは、ここ1週間だけで75倍の取引件数があったという。
MobiKwikの共同設立者ウパサナ・タクは「こんな時は2度と来ないだろう」と語る。デリーに拠点を置く同社は、セコイア・キャピタルやシスコ・インベストメント、アメリカン・エクスプレスから支援を受けている。
「デジタル決済を取り入れることへの戸惑いや抵抗は、一夜にして消え去った。デジタル決済の利用者が爆発的に増加し、我々のビジネスも日々増え続けている」」
日本では絶対できないだろうなあ。。
日本も「No CASH」の決済が普及するといいですね!それにはSuica/PASMO/Edy/iD/QuickPayがオープンにどれでも使えるようになって、決済機器が安く大量に出回らないとなかなか導入が進まないだろうな。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
2.47 兆円

業績