新着Pick
2885Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
なれるかは別として、複数分野の専門性を持つことと、それを上手く融合させて仕事をすることの重要性はわかります。interdisciplinary
人気 Picker
現実は、100人に1人になるのも難しいですよ。

100人に1人と言えば、上位1%でしょう。
アメリカでは上位1%が富の80%を保有しています。
藤原先生は、それをご存知で100万分の1とかおっしゃっているのでしょうか?

個人的には上位10%でも難しいと思います。
実力だけでなく「運」が左右しますから。
まあ、あまり力まず「川の流れ」に身を任せるくらいでもいいんじゃないでしょうか^_^;
iPhoneやスマホを見ても、使える機能って電話、カメラ、計算機、時計、音楽再生、メモ帳、インターネット、ICレコーダー、カレンダーなどなど。これら1つ1つは使い古されたものだし、専門の機器ならもっと性能の良いものがあると思いますが、これが1つになっているからこそ、スマホはとても便利で付加価値があります。

大事なのはこの発想。専門的な深い知識ではなくても、それらを組み合わせた付加価値を仕事に結びつけた結果として世の中に貢献できるならば、それが自らの差別化になり、レアキャラになれます。
この講義どんどんコピーしてみんなに伝えたい!
『レアカードになれ』はわかりやすい例えですね。ただ、一つの分野で100人に1人になるのも実際には大変ですし、3つの分野でそれを実現するのは更に大変ですよね。また『レア』だからといって稼げるかどうかは全く別の話のような気がします。『稼ぐ』のは、結局は、世の中が求めている課題を解決していくこと、それもどれだけ大きな課題を解決していくのか、によって決まっていくのではないかと思います。勿論『運』もあるでしょうが、資本主義と言っても結局は資本の仕組みを通じた世の中の課題解決ですし、実際に解決する・解決した課題がどれだけ大きいか、によって『稼ぐ』金額が変わってくる筈です。そのためには、『レア』であることを目指すよりも、自分が解決したいと思う、興味をもってしっかり取り組んでいける課題を見つけて、その効果的な解決を追求し、工夫し続けることを目指した方が良いような気がします。その過程で色々経験し、学んでいく中で、自然に『レア』になっていくのではないでしょうか。
人の行く裏に道あり花の山、オンリーワンもレアカードも趣旨は同じですね。
十把一からげにされない特徴をいかに持つか、それがビジネスマンの価値に繋がるのはその通りですね。でも、そこから稼ぐ方法が、私の場合なかなか。
藤原先生の唱える100万人に一人の人材になる方法。この努力の仕方は、一般的な人でもできるし、世のすごいと言われている人のほとんどは、この方法で稀有な人材になっている。
稼いでる人の多くがレアカードであることは、確かだ。
ただ、どのレアの方向を選択するかには、これからココが行けるという「ビジョン」や「感性」が必要だし、取り掛かってからの「集中力」や「やり切る力」が大事で、結局そういう能力をつけておくことが肝心なのだろう。
これからという若者に、希望は与える方法論だとは思う。
1/100 X 1/100 X 1/100 = 1/1,000,000

これで100万人に1人のレアカードになれるというシンプルなロジックは、誰もがユニークな存在になれるという語りかけでいいですね。

ここで大切なのは、奇をてらい単に特殊な分野を狙うのではなく、人に求められている分野や人の役に立てると信じられる分野でユニークな存在を目指すことです。そうすることで、そのユニークさが自分のスイートスポット、つまり自分だけの優位性になります。

そして、前提となるのが、成長意欲を持ち自発的に自分の価値を高めようとすることです。会社の研修で育ててもらうという受け身の依存体質を変えて、自分の貢献度を常に認識し、価値を高め続けることです。

SONY X Disney X Apple

この組み合わせが僕のユニークな価値を生んでいるのかな。もちろん、100万人に1人なんて、たいそうなことではありませんが〜笑
“今の分野でそのまま走って1万人に1人、100万人に1人を目指すより、3つの分野のキャリアを掛け算して100分の1×100分の1×100分の1の掛け算で100万分の1の希少性あるキャリアを創ってみてください”

中高サッカー部時代、中距離走の1500メートルのタイムが初めて5分を切った時に、部活の顧問(名物教師のO先生)から
「安田、次の目標な何だ?」
と聞かれて
「う〜ん、4分半ですかね」
と答えたら
「バカヤロー、次は100メートルで12秒を切ることだ!1500ばっかり早くなってもしょうがないだろ!!」
と怒られたエピソードを思い出しました(笑)

ちなみに、複数のキャリアを重ねる追加的なメリットとして、一つの分野における
・1/100万を適切に評価できる人はほとんどいない(その道のごく一部のプロしか判断できません)
一方で
・1/100であれば分野外を含む多くの方が評価できる
点も挙げられます。
もしこれが正しいとすると、同じ1/100万であっても、3つの分野で1/100を達成する方が、一つの分野で1/100万を成し遂げるよりも、その希少性がより広く世間に伝わります。結果的に、藤原さんが強調される「マーケットバリュー」も上がる可能性が高いように感じました。

<以下、コメント欄を見て抱いた蛇足的感想>
ちなみに、こうした議論は1/100万でなくとも、たとえば1/1000(=1/10×1/10×1/10)でも成り立ちます。一つの分野で1000人に一人を目指すのはかなり大変そうですが、10人に一人の分野を3つ作ることは、目標としてイメージできる方は少なくないのではないでしょうか? 「100万分の1」という極端な数字だけを見て、エッセンスを見逃してしまうのは、少しもったいないように思いました。
学生時代から小説家志望の私の親友(DI同期)が、
「戦略コンサル10年(マネジャー)」×「デジタルマーケで社内起業」×「そのまま東南アジアで子会社経営」×「純文学」
で、昨年本当に芥川賞候補になってしまった。
ビジネス界でもそこそこ珍しいと思われるが、文学界では、まさにピカピカのレアカードになっているものと推量。
新着記事一覧
【高校受験】アオイゼミ、公立高校入試過去問オンライン解説特別授業12月
リセマム
2Picks

“貧乏”なのに“高級品”のiPhoneを日本人が求めるワケ…携帯会社の歪な販売戦略を暴く
文春オンライン
5Picks

[再配信]【ドンキHD元社長逮捕】大原孝治氏が語っていた「伝え方」のコツ - 2016年のインタビューで話したこと
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
3Picks

部活の顧問はホテルの前で「断るんか」、口止めの“わいせつ写真”…スクールセクハラ被害の悲痛な叫び スクールセクハラ「犠牲者」たちの告発 #1 - 秋山 千佳 - 文春オンライン
BLOGOS - 最新記事
2Picks

賛否両論でもターゲットを逃さない、ナイキのマーケティングとは
NewSphere
4Picks

人間はチンパンジーよりもアリに似ている。 巨大な群れ(社会)をつくる生き物は自然界に社会性昆虫とヒトしかいない 【橘玲の日々刻々】 - 橘玲の日々刻々
Diamond Online
2Picks

対中制裁関税、すぐ撤廃せず=バイデン氏が見解―米紙インタビュー
時事通信社
3Picks

日本私立大学協会、共通テストの出題教科・科目について意見書
リセマム
2Picks

退屈な教科書を「ピクサー」みたいな動画に置き換えて学習効果を上げるSketchyが約31億円調達
TechCrunch Japan
4Picks

「マイホームと賃貸はどちらがお得か」お金のプロの最終結論 - 資産形成は会計的視点で考えるべき
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
2Picks