新着Pick

ベネッセは「デジタル路線」から転換できるか

東洋経済オンライン
「社員をモチベート(やる気を起こ)させてほしい。自分が先頭に立ってエネルギーを見せることが重要だ」…
451Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
デジタル化自体は悪く無いのでは?狙ってる層とミスマッチというのは確かかもしれませんけど、その層も数年で気変わりしますから、適切なタイミングで入れられるかだと思います。
人気 Picker
オフオンライン含めた中高年向けの教材事業は、スタディサプリやトライなどプレイヤーが増えまくってて群雄割拠の市場になりつつある。やはり革命的な、幼児・小学生向けのしまじろうブランドでグローバル展開をリードするのが妥当だと考えます。頑張ってほしいです!
これは、「紙もデジタルも」という両方路線の間違いだと思う。「紙主体+デジタルで補完」が当面の戦略になりそうですが、その場合は、デジタル専業に市場は少しずつとられていくと思う。しかし、「デジタル」のみの戦略は「大きな大衆層」を対象にしている当社には時期尚早だと思う。
問題は、紙の新聞に似ている。「紙もデジタルも」という両方路線は収益性を下げる。しかし、他に道がなかなか見出せない。デジタル時代初期の既存企業のジレンマだと思う。
恐ろしいグラフで、同業種として他人事ではない。ただ、前社長の打った手は「そこ、全然違うよなー」とは思っていた。
ただ、公立高校の第三者評価委員として回っていると、いかにどの公立高校も、ベネッセのテストと評価と対策のパッケージを重宝しているか分かる。全学校が頼り切っていると言っても過言ではない。
こういう公教育への食い込み力、エビデンスやデータに基づくアドバイスの信頼感、まじめで爽やかな社員ばかり、しまじろうブランド、付録の圧倒的充実、というような強みは明確にあるのだから、正当に見つめ自信を持ち、結束して流れを変えれば、大丈夫だと思う。
そもそも論、少子化の影響もあるのでマクロとしても非常に厳しい中、長期戦略としては海外×デジタルは絶対に捨て置けない市場。
海外でもしまじろうブランドは強いので、短期の業績悪化は現場の力でなんとか下げ幅を圧縮しつつ、根本的な打ち手を打っていかないといけないのだと思います。
本来はカニバリ上等でリクルートがやったスタディサプリとQuipper買収をベネッセこそがやるべきだったのだと思いますが、まだまだチャンスはあるので是非頑張っていただきたいです。
教育事業はベネッセのように毎年会員が抜けていくことが宿命。新一年生など新しい会員を常に取り入れ続けないといけないから一度逆回転し始めると一気に会員が減っていきますね。おそろしいグラフ。
国内会員数のグラフが凄いですね。5年で半分近くに。再生のプロ、安達氏に期待です。
デジタル路線からの転換が、会員数減少の解になるかは疑問。
もう少し大きくブランドイメージを変えるチャレンジをするのもありかと。

例えば、反転学習やVRを活用した学習など、未来の学び方を示す戦略を動かし、新しいブランドを築いていくという感じで。

進研ゼミの離反会員がどこに流れているのかが気になるところです。
可能性①:スタディサプリやその他オンライン学習に流れている
可能性②:塾や家庭教師などの旧来型学習施設に流れている

どちらにせよ、簡単に進研ゼミへ戻ってきてもらうのは難しそう。機能面での差別化ははかりにくいので。

ベネッセにとって、社員と向き合うのはもちろんのこと、子供たちの未来の可能性と向き合い、イノベーションを起こしにいけるかが事業再生の鍵になるのではないかと考えています。
デジタル・ネイティヴが親世代の中心になったとき、果たして紙の教材のままで生き残れるのか。それとも、教育現場ではやっぱり紙が強いのか。顧客目線が最も大切なのは間違いないが、移り気な視線の先を見極めるのが難しい。
新体制での変化に注目。国内教育事業の会員減は緩やかになるも避けられず、全社営業利益も100億円を下回りますが、事業ポートフォリオの転換は進んでいる。針路を示して、幹部から現場に至るまでの組織を活性化させられるか。やりようは充分あるようにも見えます。
テジュンの言う通り、新しい取り組みが失敗するのは普通。重要なのは一度の失敗で諦めたり結果論で批判するのではなく、常に改善し挑戦し続けるような良い組織であり続けること。