新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

204Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
遂に知の巨人、フランシス・フクヤマ氏の登場ですね。

共和党が大企業の代弁者となり、一方民主党はマイノリティの代弁者となった。
その結果、大多数を占める労働者階級との接点を両党ともに失ってしまったのだ、という指摘は、トランプ現象の前哨戦となったサンダース旋風を見ても、成る程頷けるものがあります。
つまりトランプ氏は実際には共和党でも民主党でもない、第3党であって、二大政党がすべからく国民の利益を代表してきた従来のアメリカ政治の終わりを象徴しているとも言えるということでしょうか。

ではその後がどうなるのか?
次回以降の連載に期待したいところですね。
伝統と時代の変容の間で置き去りにされてしまった一定の層にアピールしたトランプ氏という分析ですが、トランプ氏を支持した人の中には女性もマイノリティーも、そして一定の富裕層もいたと言われます。共和党・民主党を跨ぐ支持層とも言えます。トランプ氏はビジネスマンであり、選挙での勝ち方を知っていたのだと思えてなりません。そういう意味では、大統領としての勝ち方も計算しているでしょう。すなわち、極端な主張は少しずつ修正し、一方でオバマケアやパリ協定にはやや寛容に臨む。TPPは拒絶するがFTAは容認する。そんな感じではないでしょうか。そういう意味で、トランプ大統領が誕生することは、逆にこれまでやや極端だった民主党・共和党や、分断された米国内の対立を解く上で必然だったのかもしれないとも思えます。
フクヤマ氏のインタビューは「アメリカ内政、外交、そして民主主義全般に与える影響」の3部構成で聞きました。
アメリカ内政については、槍玉に上がったのはウォール街などの「利益団体」。フクヤマ氏は「さまざまな利益団体が自分たちを守るために特別条項を入れていったため、アメリカの税法は1万ページにも及ぶ」と語り、それが政治の衰退を招いた象徴例と指摘します。
主著『政治の起源』にも、同じように衰退していった様々な政体の事例が書かれており、アメリカもその一つになりかねない、と警告しているように見えました。
かつてフクヤマ氏の『歴史の終わり』を読んだ時は随分と西欧中心主義の議論だなと感じました。
(この辺りは浅田彰氏とフクヤマ氏の93年の対談本『歴史の終わりを超えて』でもちょっと揶揄されています。)

しかし今回のインタビューを読むと、フクヤマ氏も「歴史はまだ終わっていない(むしろはじまった?)」という認識ですね。すごく乱暴で卑近な例だと、「ノー残業day」を導入したら「長時間労働の歴史」が終わる訳ではない。むしろ運用が大事。

民主主義もその是非を問う勝ち負けフェイズでは「終わった」のかもしれませんが、「運用は結構難しい」という事が共有されつつあるのでしょうね。
以下の発言は、中低所得層の停滞により格差の固定化が進むと懸念される日本も他人事ではないと感じるところも>>それは、アメリカの政治システムが、ゴールドマン・サックスやウォール街のロビー集団といった利益団体に乗っ取られ、もはや一般国民の利益を代表しなくなった、ということです。
私は「政治の衰退」をそうした意味で使っています

あと、気になったのは、公約実行コストと政権維持のトレードオフに直面し、トランプ氏が大幅に言動を変えても不思議ではなさそうですね。
共和党はアメリカの経団連、1万ページの税法など、印象的なフレーズが数多く出てきます。共和党、民主党ともに労働者階級との接点を失う中、トランプはビジネスを通じて(例えば、プロレスのWWE)広い層の本音を掴んでいたのかもしれません。
グローバリスト論客の代表格フクヤマなので「お前が言うか」感が否めない。
おまいう感が否めないという点で、大室さんや古谷さんに同意。明日以降に期待。
アメリカ中流白人層の意見と一致しますね。

>トランプもサンダースも、揃ってアウトサイダーの候補者でしたが、共通する主張をしていました。それは、アメリカの政治システムが、ゴールドマン・サックスやウォール街のロビー集団といった利益団体に乗っ取られ、もはや一般国民の利益を代表しなくなった、ということです。
私は「政治の衰退」をそうした意味で使っています。まさにトランプ現象は「政治の衰退」を的確についたからこそ起きたことなのです。

。。。で、このロビー集団に操られていたのが「真っ黒なヒラリー」、ということなんだそうです。

また、

>現に、アメリカの税法は1万ページにも及びます。

これ、本当らしいです。日本のように「確定申告は自分で」なんて無理難題だそうです。トランプの主張の一つ、
「税法をスッキリさせてやる!」
には、解放される!マジ期待している、といってました。
フランシス福山先生の一次文献とか熱いな
この連載について
下馬評を覆しての「トランプ圧勝」。トランプ大統領の誕生は、世界の大きなターニングポイントになる。トランプ後の世界はどんな世界になるのか。経済・日米関係、米中関係、米ロ関係などの切り口から将来を展望する。