新着Pick

ソニーが10年ぶりにロボット再参入 アイボの「生みの親」がすべてを語る

SankeiBiz
盛り上がる「第3次」ロボットブーム。ブームを牽引するのは「人工知能(AI)」だ。もはやネットの叡智には、プロ棋士もかなわない。進化するAIは、どんな新商品をつく…
209Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
普通とは違う製品づくりをぜひして欲しい。いまはSAPなどで面白い人材も見えてきているので、期待したいです。
人気 Picker
AIBOをやってた頃のソニーと今のソニーは良くも悪くも大きく違う。同じ会社のようでいてマーケットでの立ち位置や社内のアセットに大きな差がある。ロボットやると言っても、自社で全てを囲い込むようなスケーラビリティの高い事業はもはや手がけることは難しいでしょう。そういう意味で今のソニーに多くは期待はしていない。

しかし、ソニーだから出来ること、ソニーでなくては出来ないこと、これぞソニーと呼べるものを何かしら生み出せるといいですね。
お!!!

かつて日本はロボット技術の最先進国と思われていたが、現在はロボット研究の中心はアメリカに移った。私見だが、その理由は、日本はロボットのハードウェア、とりわけ二足歩行にこだわりすぎたからだと思う。だが、人間は歩くゆえに人間なのではなく、考える故に人間なのだ。知能こそがロボット技術の鍵となることを、見抜けなかった。

ガンダムに憧れて優秀な研究者がロボットの世界に入り、日本は一時、ロボット大国となった。だがガンダムの呪縛により二足歩行にこだわりすぎ、人工知能において遅れた。21世紀のロボットは人間が操縦するモビールスーツではなく、自分で考え行動するロボットだ。日本はガンダムの呪縛から逃れられるのか。
センサー類の小型化低消費電力化など以前よりも簡単にロボット作れるようになってるからね
ソニーが沈んでいたのは、AIBO撤退に象徴される経営陣の問題だったと見ます。再参入を動かした北野宏明さんら、ソニーの遺伝子を継ぐ新世代が、面白いソニーを再生してくれるのではないかと期待します。
かつてソニーは自社規格にこだわり…という過去の失敗に関する質問。それに対して、ソニーのXperiaだけでなくiPhoneも接続可能なものにするという回答。

もちろんスマートフォンとつながることも用途によってはありだと思いますが、そんな次元の話ではなく、ソニーにはもっとワクワクする構想でロボットをつくって欲しいです!

Xperia、つまりGoogleのandroid、そしてAppleのiOS、両方とも他社がつくったプラットフォーム。かつての規格争い、ソニーが開発費をつぎ込んでつくったBetamaxとVHSのときとは状況も違いますしね。
長期的な視点で考えないといけない事ですが、目先にどんなロボットを発売するのかも重要です。スマートフォンへの対応よりも、最初にPS 4、PS VR、PS VITA向けに発売したほうが良いと、感覚的でしかないけど思います。

ソニーがロボットを発売する、というメッセージをどこから発信するのか。再出発のスタート地点は今後の展開にも大きく関わってきます。はじめから完全なものが出てくる事は無く、機能を限定したものを受け入れられるプラットフォームで、「ソニーのロボット」に触れてもらう事を優先したい。ターゲットを絞る事で、コンセプトも明確になり、結果的に分かりやすい。

ソニーはスマートフォンよりもゲーム機の方が販売台数が多く、PS VRとProの発売で話題性も高い、ソニーの中で一番勢いのあるプラットフォーム。世界的に弱いXPERIAブランドよりも、PlayStationからスタートし、「ソニーのロボット」のイメージを定着させる。一気に進めるよりも、こちらの方が良いと思う。
「遊び」より「役に立つ」ロボット開発を目指すとのことですが、個人的には、「役に立つ」を前提に「遊び心に溢れた」ロボット開発が今後必要になってくると考えています。

誰を側に置いておきたいか?という問いに対して、何でもやってくれる完璧な人を置きたいよりより、ちょっと欠点あるけど、一緒にいて安心する人を選ぶ人は多いと思います。

人がロボットに求めるものは、機能性だけではなく感情面の要素が強くなってくると予測しています。

そういう意味では、エンターテインメント分野を開拓し続けてきたソニーだからこそのロボット開発に期待したいです!
現在のソニーは、モバイル・コミュニケーション、ゲーム&ネットワークサービス、イメージング・プロダクツ&ソリューション、ホームエンターテイメント&サウンド、デバイス、映画、音楽、金融、その他、が事業内容となっている。合計売上高で8,105,712百万円だ。営業利益は294,197百万円。営業利益率は3.6%。赤字体質は脱却したが、高収益企業には程遠い。ソニーのロボット再参入は、この収益体質を打ち破る策となるかもしれない。なぜならば、ソニーにはコア・コンピタンスが存在しており、まだイノベーションを生み出すアイデンティティーはあると思う。組織の壁は壊し、自由にエンジニアが挑戦できる環境さえあれば、優秀な人は埋もれている。是非、「SONYのロボット」を開発し、成功して高収益企業に返り咲いて欲しい。期待している。
点ではなく面で展開、とあるが、まずは強烈な点となる製品を作らないと。
iphoneにしろ、amazonのechoにしろ、強烈な点で市場を作り出してからの面展開。ニッチトップの先駆けのsonyに期待したいが・・・?
北野さんが参画するのだから大いに期待したい。しかし、周回遅れで再参入するのだから、どこで競争優位に立てるのか、容易ではない。明確なビジョンがなくてはならない。ただ皆がやっているから程度では、結末は見えている。

業績