新着Pick
877Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大統領選の翌週、国際ジャーナリスト・大野和基氏とともに、急遽、スタンフォード大学のあるカリフォルニア州に飛びました。
識者への取材のみならず、サンノゼで暮らす人々にも話を聞いたのですが「オバマの8年間では何も良くならなかった。変わったのは髪の色が白くなったぐらい。みんながっかりしている」という言葉が印象的でした。
ヒラリー氏が圧勝したカリフォルニア州ですらこうなのだから、アメリカ中部は推して知るべし、ということなのでしょう。
楽しみな企画だね!そうそう、この隠れトランプすげー多いの。西海岸の日系なんかにもかなりいるいる。毎日こっそりエロビデオ見てるのに、ストリップに誘うと、はずがしがって絶対行かないタイプ。
タイムリーでいい企画ですね。ただし、クリントン氏が総得票数でトランプ氏を大きく上回っていたというのもまた事実であり、トランプ氏の主張が全部支持されているわけでもないと思います。バランスのよい分析になることを期待します。
フランシス・フクヤマ氏の『歴史の終わり』は、予測が外れた本、として語られることが多いですが、古典と歴史の知見に基づいた論考は、今読んでも学びがたくさんあります。『政治の起源』とあわせて、一読をおすすめします。

望むらくは、フクヤマ氏の師匠である、『文明の衝突』の故サミュエル・ハンティントンにも、トランプ後の世界についてぜひ聞いてみたかったものです。ハンティントンは2000年代前半から『分断されるアメリカ――ナショナル・アイデンティティの危機』などで、国内の文化の衝突について警鐘を鳴らしていました。
時流を追うものが多い中で、それだけでなく、こういう骨太な記事が出てくるようになったことがNPの取材力が強くなったという証左ですね
有料課金が始まったのが2014年の2月。2年と9ヶ月でここまでくるというのは素晴らしい!
国際政治学者のフランシス・フクヤマ氏が出てくるの!?これはワクワクな連載だわ。。
これは楽しみな連載。「トランプ後の世界」がどうなるのか、正直まだ全く読めない。みんなが思っていたよりも絶望的ではないかもしれないし、排他的で包摂のない、不寛容な世界へより戻って行くかもしれない。

「民主主義が揺らいでるのか?」というよりは、僕が知りたいのは「政治は世界を変える最善の方法ではなくなりつつある(とリーダーたちが認識している)のではないか?」ということ。

「この人なら、世界を良い方向に導いてくれるはず」と思えるリーダーはそもそも政治を志向せず、テクノロジーによって世界を変えることを志向するから。確かに、政治で世の中を変えるよりも、テクノロジーで世の中を変える方が手取り早いしコストパフォーマンスが高い。

ただ、今もなお政治が社会の中枢を担っている限りにおいて、魅力あるリーダーが政治の世界を志向しなければ、今回のように『史上最悪の大統領選』と言われてしまうような結果になる。

どうしたら政治という舞台に魅力的なリーダーが集まるのか、そこにいま大変強い関心があります。
慎さんが紹介しているThe origins of political orderは現代国際政治を知るために必読の書。フランシス・フクヤマというと、「歴史の終わり」を連想する人が多いけども、The origins of political orderは是非本で欲しい本。ビジネスや経済は政治と切り離すべきとか関係がいないという意見が日本では結構あるけれども、統治のあり方が経済のあり方を大きく変えることはよくある。特に新興国はそう。こうした本を読むことで、国際政治に対する骨太な基礎ができあがる。
日本では報道されることのない根っこの部分を是非教えて欲しいと切に希望します。
選挙前、ヒラリー氏が勝利するだろうと確信に近い予測ができるだけの情報が溢れておりました。

選挙後、トランプ氏が勝利した背景について様々な理由が述べられておりますが、選挙前の時点における現地の状況を深く再検証したものは少なく、私を含め、未だ狐につままれたような感覚を持つ方は少なくないと思います。

本特集を通し、目の前の現実が納得できるレベルになりましたら、とっても嬉しいです。
この連載について
下馬評を覆しての「トランプ圧勝」。トランプ大統領の誕生は、世界の大きなターニングポイントになる。トランプ後の世界はどんな世界になるのか。経済・日米関係、米中関係、米ロ関係などの切り口から将来を展望する。