新着Pick
647Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
色々不透明な手続きによって進んできた経緯と、建物が安全かどうかは分けて考えたいです。専門家が安全といっても信頼されなくなるような事件が色々起きてしまっていることが、背景としてある、というのはまさにその通りですね。
人気 Picker
結果オーライだったとアピールしているようです。
専門知識がないので、この点については何とも言えません。

豊洲の問題は適正手続がなされていない点にあるのです。
例えて言えば、拷問で自白させて弁護人もつけずに有罪判決が下った場合、被告人が真犯人なのだから「結果オーライ」だというようなものです。

適正手続が履行されていない行政手続は違法であるし、なにゆえ適正手続がなされなかったのかという疑問が残ります。

専門的見解は傾聴に値しますが、全く別の専門的見解も出てくるのではないでしょうか?
手続違背までして通そうとした点に疑問が残る異常、私達素人の不安は払拭できません。
地下空間問題は、ガバナンスの問題であり、豊洲移転延期を決めた理由ではありません。8/31に延期を決めた後の9/8に地下空間問題が出てきて、メディアが混同し、こういう記事をまだ書く人がいるだけです。この件は何度も説明していますので、ここで詳しくは書きません。
これが真実。責任を取るのはから騒ぎした人だけでいい。
明快な記事ですね。一方では、技術的問題、汚染問題などが全て不利になると「ガバナンス問題だ」と言う東京都顧問がいる。残念です。豊洲移転とガバナンス問題は分けて考えるべきでしょう。都市設計が歪められ、どれだけの都民コストが増大していることだか。

いい加減に小池知事擁護派の顧問ばかりをプロピッカーにするのをやめてはどうだろうか。NPの言論空間が歪められているのが気になります。
懐古的、情緒的に築地を賛美する自分がいることを認めつつも、合理的現実的判断として、豊洲移転の早期化を主張する素敵な記事。築地、豊洲の問題は、複雑怪奇で一般の人が全容を把握するのは極めて難しく、それ故にメデイアで様々なか切り口で報道が繰り返されているが、そろそろやめよう。大切なのは実際に市場を使う事業者および取り扱われる生鮮物そのものだ。役人の話なんて粛々と裏で処理されればいい。1日何百万かのコストが余計にかかっているというのも大変だけど、それ以上にわれわれが失って取り戻すのが難しくなるのが、日本食のブランド価値そのものだ。僕が取引している海外のディストリビューターと話すと、築地や豊洲は本当はひどく汚染されていて、そんなものを食べてる日本人はクレイジーだという話ばかりだ。取り返しのつかないものを失っている。
江頭さんのコメントが大変参考になります。多謝。
豊洲市場の問題は、技術的な問題より、今まで都庁でいい加減なことばかりやってきたのではないかという不信感がある。この筆者のいう「技術というものは、実は人間と組織の信頼の体系の上に乗っている」という指摘は正しい。このことは築地だけではなく、原発の問題にも当てはまる。信頼を失えば、技術的には問題がなくても先に進めることは不可能なのだ。豊洲市場移転推進派は、残念ながらその辺りが全く見えていないと言わざるを得ない。
豊洲市場問題とはガバナンスの問題である。
それがわからない人は、説明責任を負って仕事をしたことがない人だ思う。創業者や大組織にいられなかった人に多い(全員ではない)。
素晴らしい記事です。
築地移転は移転ではなく築地文化の消失という言葉にはなるほどその通り。
こういうの全首長が始めたら世の中良くなるんですかね?