新着Pick
303Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
もしかして呼ばれましたかね(笑)

せっかくなので少し解説すると調剤薬局の数は、コンビニを上回る5万7000店舗もあるのですが、トップ20社全部を併せてもシェア20%にもならないという、典型的な小店舗乱立の業界なのです。

そんな訳で資本力がない企業が多い業界なのですが、昨今の薬価差益の縮小、診療報酬の抑制といった国の医療費削減政策に加え、ドラッグストアやコンビニ、医薬品卸などの大手が次々とこの業界に進出したことで、薬剤師不足が深刻になっており、中小調剤薬局の経営の先行きはかなり厳しくなりつつあります。

その為、この業界の再編成は凄まじいスピードで進んでおり、この2〜3年、全業種の中でもM&Aが特に多い業界の1つになっているのです。
その数は年間少なくとも数百店舗、年によっては1000店舗近いM&Aが行われていると言われています。
(ウチにも調剤薬局専門のチームがあるくらいです)

さて、ドラッグストアではトップ3には入るマツモトキヨシさんですが、調剤薬局分野では228店舗、年商340億で業界17位、シェアは0.5%に過ぎません。

規模は大きくとも、既に飽和状態で安売り競争で雀の涙ほどの利益しかでないドラッグストアと比べて、薬価が決められ(=安売り競争がない)、高齢化でまだ市場の拡大が見込める調剤薬局は実は美味しいマーケット。

しかしマツキヨさんの調剤薬局部門は思ったようには拡大できておらず、M&Aを使った拡大でも、専業大手はもちろん、スギホールディングス、ココカラファイン、ツルハ、ウェルシアなど同業ドラッグストアにも大きく差をつけられています。

その為、とりあえずコンサルやOTCなどの供給を通じて、中小調剤薬局を囲い込み、将来的なM&Aにつなげていきたいというのが今回の方策なのでしょうね。(因みにマツキヨさんに限らず、実は他社さんも勉強会やら薬剤師の派遣事業やらで色々と中小調剤薬局の囲い込みには熱心です)

ただ、調剤薬局の再編成は、予想以上のスピードで進んでいる為、こうした長期的な取り組みが奏功するかは時間との勝負といったところです。
(あえてコメント上段に追記)大山プロ、お呼びしました(笑)。必見のコメントをありがとうございます(追記終)。

こうして囲い込んでおいて、事業承継が必要な段階になったら買収していくのでしょう。
薬局は薬剤師資格を持った後継者が親族のなかにいないケースもあるうえ、薬価引き下げの影響を在宅医療サービス等で補っていく必要もある。
このため、個人経営では続けられず、事業承継ニーズは多い。
てか、この記事は完全に大山プロ案件ですね。
中小の薬局はとても多いですし、ドラックストアも意外と地域性があります。私の出身の新潟にはクスリのコダマという地場の強いドラックストアがありましたが、周辺都道府県への進出を試みるもうまくいかず、そうこうしているうちにココカラファインに買収されて新潟の店舗もココカラファインに看板替えされました。

地域性がある主要因は物流だと思っているのですが、消費者からのロイヤリティも効いているとするとおもしろいです。地元のあのドラックストアがいいとか、近所のあの薬局がいい、みたいな部分ですね。マツキヨが買収ありきではないのは、もちろん改装コスト等々の費用対効果を見込んでの判断なのでしょうが、もしかしたら看板替えによる顧客離反の懸念もあるのかなと想像しています。
薬局だけではなく、地方の個人医院や商店は、後継者不足やネットインフラを中心に仕組み化が追いつかず、危機的な状態に陥っている。

自分が仕事で関わっている歯科業界にも同様の課題があり、小規模の歯科医院をサポートするプログラムやフランチャイズシステムが導入され始めています。

マツキヨのこの動きは、最終的にはフランチャイズ化やM&Aを狙う動きになるはず。

マツキヨのフランチャイズ提携先を調べると、前々から地方のマーケットを狙っていることがわかります。
提携先は、コーナン商事、遠鉄ストア(浜松)、イズミ(広島)など。
今回のサポートプログラムは、この動きを加速させるためのものだと考えています。
中小調整薬局のコンサル的な業務は需要が大きいのかもしれない。マツキヨはノウハウもあり、提携、M&Aと効果的な手法になりそう。
薬局含め、医療も介護も、異様に細分化、零細化されているのが日本の大きな特徴。それが効率化や生産性を阻害している。医療機関や介護施設は、規制や公定価格に守られ(ときに邪魔され)、ビジネスマインドがなかったり、でM&Aの動きは進まない。国際的にも独自の零細化したまま産業だ。だから、先鞭を切って、薬局からの統合の動き、それによる効率化には期待したい。それによる付加価値向上で、医療・介護全体の大きな流れを作り出していきたい。
調剤薬局は兎に角過剰在庫を抱え、どんぶり発注しかできない仕組みを是正した方が良い。そのために連携するが合併による大型化、サプライチェーンと流通の最適化、データのサービス化が急務です。
今旬の薬事系な話題。NewsPicksのコメント欄、大山様のコメントがとてもわかりやすいです!へぇ!へぇ!と、意外なマーケット(市場規模,競合関係)でした。
ECでほとんど買えるようにして欲しいけど、それはリアル店舗でしかない価値が出せてないからで、薬剤師がいるんだからもっとそこでしかない事をやって欲しいけど。そもそも医者に行きたくないし。
緩やかなネットワーク化がテクノロジーによっていろいろできそうな時代になってきましたね。
株式会社クリエイトSDホールディングス(クリエイトエスディーホールディングス、英語: CREATE SD HOLDINGS. CO., LTD.)は、神奈川県に所在する持株会社である。事業会社はドラッグストア(薬店)・調剤薬局を運営する株式会社クリエイトエス・ディー(英語: CREATE SD.CO.,LTD.)など4社である。 ウィキペディア
時価総額
1,523 億円

業績

株式会社マツモトキヨシホールディングス(英語: Matsumotokiyoshi Holdings Co.,Ltd.)は、ドラッグストア運営のマツモトキヨシなどを中心とする事業持株会社。ドラッグストア業界ではウエルシアホールディングスに次ぐ業界2位。 ウィキペディア
時価総額
3,885 億円

業績