新着Pick
700Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
Welqとは、記事はパクリと半素人で激安生産し、マネタイズはアフィリとアドテクをぶん回し、SEOと顧客マーケには能力を結集するという典型的DeNA系キュレーションメディアです。それはMERYなどのファッション&コスメ領域では許されても、医療領域ではあってはならないでしょう。無知でやっているならいざしらず、なにせDeNA関連企業という知能集団でありますから。罪深い。

「低俗メディアのSPA!が何を言うか」と誤解している方もいるかもしれませんが、レガシーメディアは薬事法を遵守し、健康情報の取り扱いに関しては慎重です。
医療情報の大切さをこの1年半くらいずっと講演やインタビューなどで言ってきましたが、ようやく色々な物事が動きそうな感じがしています。そういう意味では、医療系キュレーションメディアはある種の必要悪なのかもしれません。
医療のように、何が正しいか分からない人が正しい情報を求め、そして正しい情報が得てして耳障りのよい情報ではないような場合において、ネット検索との相性は最悪です。

どんな形でもいいので、医療のことで悩み苦しんでいる人に適切な情報が届く、もしくは適切な情報が欲しいと思っている人がきちんとそのような情報にリーチできる世の中になって欲しいです。
しらないうちにこんなところで・・・

南場さんは確か自分のお母さんの介護をするために1回社長を退いたはず。
そんな人がひとんちの両親を不安にさせたり、へたしたら健康被害うけたりするようなビジネスはしちゃいけないと思うんですよね。
内容については専門家諸氏が鋭意精査してますが、ほぼ全ページにわたってまともなものがないほどで・・・
少し前から(悪い意味で)話題になっていたキュレーション?サイト。

医学デマの悪影響を考えれば、看過できない問題ですね。地方行政で何かこれに対して対処できることはあるだろうか?調べてみよう。
正しい医療情報を提供しようと思ってもいかがわしい情報に塗りつぶされてしまいがち。予防医療普及協会でも結構苦労してます
まあ当初からこんな展開かと思ってましたが、あらためて、ビジネスの性根が腐ってるね。個人のゲノム情報なんか絶対に渡してはならないね。
新規事業を検討する際は、成長性や収益性だけでなく「世の中を良い方向へ変えうる正しいビジネスか?」は常に自問しています。
だからウチは今後も絶対に例えば課金型スマホゲームには手は出しません。
で、本件は確かにコンプライアンスもそうですが倫理性からもNGな印象です。MERYが上手く行ってタガが外れたんのかもしれません。
でも組織ぐるみというよりはあくまで数名の新規事業チームが先走っただけだと思いますのでコレをキッカケにキュレーション事業全体が見直されれば良いなと思います。
「コンプライアンス」って知ってるんだろうか・・・
この媒体だけでなく、キュレーションメディアでビジネスしてる人たちが何の価値提供してるのか考えさせられる問題。もう媒体名隠したら、どれも同じという昨今です。
私はMERYを認めてませんから。コスメ・ファッション・女子ネタならいいなんてことありませんから。だから女子力がないんだと言われようが絶対に認めませんから。