【三田紀房×伊藤祐靖】『ドラゴン桜』の漫画家が戦争を描く理由

2016/11/24
映画、マンガ、書籍などにおける一大テーマである戦争。戦争を描く難しさと意味はどこにあるのか。戦争を通じて現代人が学べることは何か。『アルキメデスの大戦』の著者である漫画家の三田紀房氏と、『国のために死ねるか』の著者であり、自衛隊特殊部隊創設者の伊藤祐靖氏が戦争について語る(全3回)。
戦争は「試合」ではない
──伊藤さんの著書『国のために死ねるか』では、フィリピンのミンダナオ島で死にかかった経験が記されていましたが、ミンダナオ島に行くことを決めた理由をまず教えてください。
伊藤 いくつかの理由があります。まず、自衛隊を辞めると拳銃の技量が一番早く落ちてしまうため、銃が撃てる場所ということで行きました。
それに私は水絡みの仕事が多いため、簡単に海に入れるところだったのも理由です。それから、ボケないようにと、“いい感じ”に治安が悪いところだった点もあります(笑)。これらを考えてそこがよさそうだなと思って行きました。
──そこで学ばれたことのほうがそれ以前のトレーニングよりも断然濃かったと書かれていましたが、その差は環境の違いからくるものなのですか?
伊藤 ええ、そうですね。それまでは戦いの本質が分かっていなかったのです。つまり、実戦は「試合」ではないわけですよ。
柔道の試合のように、平らなところで、双方ともフレッシュな状態で正面を向かい合ってスタートできるわけじゃない。もう、電気を暗くして後ろからいきなりたたくといったような世界ですからね(笑)。そこを全然分かっていなかったのだと、向こうへ行ってみて初めて分かりました。
ミンダオ島で一緒に訓練した20代の女性は、そういう世界に生まれているものですから、向こうからすれば、「あんた、おかしいの?」とみられるわけです。フィリピンへ行ったことでやっと、「これは試合じゃないのだ」と分かるようになりました。
伊藤 祐靖(いとう・すけやす)
特殊戦指導者
1964年東京都出身、茨城県育ち。日本体育大学から海上自衛隊へ。防衛大学校指導教官、「たちかぜ」砲術長を経て、「みょうこう」航海長在任中の1999年に能登半島沖不審船事件を体験。これをきっかけに自衛隊初の特殊部隊である海上自衛隊の「特別警備隊」の創設に関わる。42歳の時、2等海佐で退官。以後、ミンダナオ島に拠点を移し、日本を含む各国警察、軍隊に指導を行う。現在は日本の警備会社等のアドバイザーを務めるかたわら、私塾を開いて、現役自衛官らに自らの知識、技術、経験を伝えている。著書に『とっさのときにすぐ護れる―女性のための護身術』(講談社)がある。FBページ「伊藤祐靖ブログ
──三田さんは『アルキメデスの大戦』をどうして描こうと思ったのですか?