新着Pick
34Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
結局KKRが買収ですね。買収額については表面的な開示資料からは違和感がありません。問題は、日本のPEにこの規模の買収ができるところが皆無なことです。その背景には、年金基金の投資行動の彼我の差があります。東京国際金融センター構想の一環で、振興事業者プログラムの導入も進め、日本の独立系の投資信託・PE・VCなどへの年金資金の導入も進めます。
買収総額が100%の株式価値を意味しているなら、そのうち日産の持分は4割だから1600億円の収入(売却益は不明)。それほどの大きさではない。

財務や資金への影響よりも、CKの非グループ化による、日産の開発・生産プロセスや組織への影響が気になる。

CKを代表選手として促進してきたモジュール化戦略は、単なる開発・生産の外注拡大や業務の組み替えではない。開発と生産に関する思想の変革であるから、CKの切り離しは、日産側に大きな発想転換があったことが伺える。

また、CKの、コックピット(インストやメーター)、フロントエンド(ラジエターやヘッドランプ)、HSVC(エアコン)、排気系、その他(キーなど)の異なる事業分野の成長戦略がどの方向、さらなる統合拡大か分離集中か、が大いに気になる。

果たして、KKRにできるか?自動車部品事業を侮ると、KKR以降の転売、再転売によって、結局、CKは漂流状態になる。それだけは回避して欲しい。
下記でコメントしたが、PEはいつかはエグジットするもの。その観点で、その際に誰が買うのかが気になるところ。なお、適時開示は、カルカンが「当社が発表したものではなく、本件は本日開催の取締役会で付議するもの」というものがでている。
https://newspicks.com/news/1859677?ref=user_100438
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
2.68 兆円

業績

カルソニックカンセイ株式会社(英語: Calsonic Kansei Corporation)は、日本の大手自動車部品メーカー。1938年創立。 ウィキペディア

業績