新着Pick
675Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本稿も一つの考えかもしれません。

しかし、私は逆の立場です。
まず「時間内に終わらせる」ということを第一目標に掲げます。
時間内に終わらせなければならないから、朝一から必死で仕事に取り組み、周囲も時間内に終わるので待たせる訳にはいきません。
かくして、勤務時間内の業務密度はとても濃くなります。

「仕事がある」なら「残業する」というのでは、いつまでたっても仕事が終わらないのではないでしょうか?
また、「定時に帰る人間は仕事がないヤツだ」という日本特有の悪しきラベリングがなされそうな気もします。
残業しないと仕事が終わらないというのは、その人にとっての仕事量が多過ぎるということ。仕事の仕方か仕事量を変えないで、残業するなというのは無理な注文。残業しないで済むように仕事を減らすか人を増やす必要があると思います。
ただ、残業は時間の観念がなくなって、慢性化するので、会社は意識して残業を減らす運動はすべきだと思います。
残業が増えると管理責任が問われるという管理側の都合を「ワークライフバランス」という綺麗な都合のよい言葉で説明しているだけというケースも多い。


世の中の殆どの問題は「程度問題」であり、

「要はバランスだよ」

と言ってしまえばそれで終わる(「レイヤーの問題」「フレームの問題」「人による」など、議論の"万能フィニッシュホールド"はいくらでもある)。

だからこそ難しいのであり、その「バランス」をいかに"実現"するかが事の本質。

私は「バランスとは"取るもの"、ではなく、"取れるようになるもの"、でなければならないと思う。平均台の上に何時間立っていても、バランス感覚は養えない。アンバランスな原因を取り除くか、諦めてアンバランスの対処療法を行うかどちらかしか方法はない。

6年前、六本木の21_21 Design Sightで「クリストとジャンヌ=クロード展 LIFE=WORKS=PROJECTS」という展示会があり参加してきた(ジャンヌ=クロードが2009年11月18日に亡くなったので、日本の友人たちがクリストを励ますために開催されたもの)。
https://www.ehills.co.jp/rp/dfw/EHILLS/event/artreport/002/index_p2.php

このタイトルにあるように、クリストにとって人生とは仕事そのものであり、仕事とはプロジェクトだった。

彼のような生き方をするのは簡単ではないが、一種の理想ではある。
「仕事」=「苦痛」という前提にたったルール体系そのものを見直さなければ、なにもかわらないんじゃないだろうか。
業務量、業務内容、作業効率、モチベーションまで含めてマネージメントするのが上の仕事ではないでしょうか。
おかしい。この記事の方が「勘違い」なのでは?

残業とは「会社=上司が命じて行わせる」のが原則です。こういう議論では必ず現行の労務法制についての批判が出るものと予想します。しかしルールはルール。現行法制についての異論や反論を前提に経営が現行の労務ルールを守らなくてもよいということにはなりません。それってそのまま「コンプライアンス違反」ですよ。

まずは労使ともにルールを守る。その前提があって初めて議論はスタートするのです。経営者側のあるいは労働側の思い描く理想を「夢想する」のはそろそろ止めにしませんか。

さて、その前提でやり残しの仕事をどうするのか・・つまりは人的リソースの使い方。そこにこそ経営のリソースマネジメント能力と上司の管理能力が問われるんですよ。リソース配分の権限を与えられていない部下の責任を問うべきではありません。

なぜならばそのかわり部下は業績評価に晒されるんですから。昇給や昇進や賞与で応報責任を果たしています。それでじゅうぶんです。

この会社。部下も上司も勉強したほうがよさそうですね。
個々の事象によるだろうが、バランスを取るということは何かを捨てること。そのなかで成果と時間を拘束条件とするなら、記事のような密度を向上させる、つまり「どうやって働くかという働き方」を変える以外にない。会議をやめることかもしれないし、途中のチェックプロセスを軽くすることかもしれない。それを止めたらリスクも生まれる。でも変える・捨てるということはリスクを取ることだし、それをせずにバランスを取るというのは無理難題だと思う。
個々人としてもワークライフバランスを重視するなら、仕事を任せてもらうことをあきらめる=成長機会をあきらめる(期限があるものを最後に仕上げきれるか、任せられないのが実態)といった「捨てる」ことが必要。
自分自身にとってもワークライフバランスは重要。だけど「常識」のような形で喧伝されるのは嫌い。少なくとも、自分がやっている仕事においては、頑張ってやりきらなくちゃいけないタイミングがあると思うし、それをしなければ成果も成長もない。常時のワークライフバランスを重視するなら、正直自分の仕事はオススメしない(自戒も込めて、かといって効率性を軽視していいというものではないのだが)。
このトピックで印象に残っているのは、日経新聞での明石元国連事務総長のインタビュー。日経のサイト自体で検索したのだが出てこなかったので、それを読んだ人が書いたブログがあったので、下記はそちらのリンク。
バランスで、決して社会全体として残業しまくることが当たり前になることが理想とは全く思っていない。ただ、人それぞれによってバランスは違う。バランスをとったゆえに捨てることは、それに伴う他のものを捨てることを受け入れることを伴うことを忘れてはいけない。
http://blog.livedoor.jp/kusunoki224/archives/51700688.html
現場のマネジメントの問題じゃないと思う。

ただ、終わらないものを急に終わらないという人もよろしくない。
いや、大幅に割り当てられた仕事を「できません」と断らない社員の責任では。自分のキャパが一番わかってるのは自分でしょ。嫌われるリスク背負いなさいよ
耳が痛いです(笑)
別にワークライフバランスは意識してません。
追い込まれないと、生産性が上がらないのです。。
そっちに触れて、それを防ぐためにマイクロマネジメント化していくと大変だなあ。