新着Pick
134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イタリア人の50%は車のオンライン購入を検討しているとのこと。合理的とは思うものの、人は非合理的に高い買物は現物を見たいとなりがちな感覚があるので、逆にびっくりです。

ディーラーとのマージン体系がどうなっているのか気になります。ECなんて始めたら普通にディーラーから反発がありそうですが、ディーラーに手間が発生しているのでいくらか返すのでしょうかね。日本のマージン水準ではディーラーで20-30%の割引なんてしたら利益が出なくなってしまいますが、単価の高い車だから大丈夫ということなのかな・・・(車詳しくないからわかりません涙)
まずはトライアルでやってみるというところが実情なのだとは思いますが、今後ECを組み合わせないとディーラーは生き残れなくなっていく気がします。
高額商品は見たいというニーズもありますが、反面営業マンの押し売りが苦手というニーズもあります。しかも人件費がかからない分、2〜3割と明らかに安いですし。ここでも店舗のあり方が変わってきそうですね。
ついにネットで外車を買う時代ですか。ン十年前の免許取りたての頃、カー雑誌でフィアットのウーノやパンダなんかをため息混じりで眺めていたのが懐かしいです。何年か後、ようやくマニュアル車の一番安いシトロエンを買ったときには、ディラーの店員さんにあれこれ質問したものですが、いまではネットの取説で十分、とういことなのでしょうね。
こうした、自動車産業界の旧態依然として「製販分離」を解消する動きは、世界各地で加速する。なぜなら、そこに「実需」があり、既存の産業構造がミスマッチだからだ。
リアルディーラーとの価格差が気になります。
amazonの方が有意に安いということであれば、リアルディーラーのショーウィンドウ化を促すことになるのでは?
車のネット販売は、2000年頃から議論されている「古くて新しいテーマ」です。
オンライン購入による値下げができれば、必ずオンラインで買う層はいる。こうやってオンラインで高額商品を買う習慣がついてくるかもしれない。
日本でも、アマゾンなら車の販売ができる様に思う。Amazon限定モデルとかある一定の需要はありそう。EVになってくればさらに魅力は増すかもしれない。
これは、国内ネット通販であれば楽天でも家や車はセール時に行っていましたね。

ただ、最終的には人が介在するように現段階ではなると思うので、短期的にはネット広告に近い位置づけだろうと思います。
ポチっとな
日本は頑なに、メーカー系列販売を貫いています。売った後のサービスこそが大切との説明でね。
国内の市場が縮小を続ける中、コストのかかる系列販売はやがて変化を余儀なくされるのではないかと思います。
先に本の再販制度見直しかな。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
102 兆円

業績