新着Pick
386Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
日用品とかだと、店内での誘導の方が意外とうまくいきました、とかありそうですね。
人気 Picker
4年後の導入を目指すとのことですが、欧米の百貨店やハイパーマートでは導入済みのサービスなので、大いにキャッチアップしてほしいですね。
店内設置のビーコンで売場/クーポン情報を表示するらしいですが、やはり商品全てに電子タグ(RFID)を取り付けて初めてサービスとして集大成する気がします。
カート内の商品の合計金額が常時表示されたり、決めてあるメニューに必要だけどカートに入ってない食材が提示されていたら、利用者の利便性はぐっと上がります。もちろん最後はセルフレジで決済。
さらに、買い物カートに搭載したカメラが顧客の顔認証をAIで行い(技術的には可能なはず)、その人の購買履歴や登録情報に応じたサービスも付加できれば理想的です。
以前、買い物リストと組み合わせて、どこに何があるかを教えてくれるシステム、というのを考えたことがあります。ヨーグルトがどこにあるのか分からない。。。が無くなるだろうという。そういうのにも展開できそうですね。
カート×タブレットの活用は、スーパーで加速しそうですね。衝動買いを誘発するだけでなく、その人の購買履歴などとも連携できれば、凄く利便性が高まりそうです。
先日、コープこうべで導入とのニュースがありましたが、オークワ、イトーヨーカでも導入へ。4年後をめどに1500店への導入を目指すとのこと。これは楽しみ。昨日のコンビニで電子タグの導入というニュースとともに、小売でのIoT導入による利便性の向上は消費者としてもかなり期待している。

コンビニ全商品に電子タグ 25年目標、決済や管理簡単に
https://newspicks.com/news/1903907
同じ技術を図書館や本屋さん、レコード屋さんなどに導入してほしいですね。検索端末で検索しても「Aの5番にあります」と教えてもらっても、目的の本を見つけるには結構まだハードルがある。

リアル店舗不要の風潮のなかで、無理があるかな
このツールを使ってどの程度非計画購買、アップセルを誘発出来るかが鍵になりますね。後はレジ機能の追加かな。更に自分の携帯電話でも出来ると良いな。充電出来そうだし(^ ^)
どっちかというと、カスタマーUI,UXファースト、というより、テクノロジーファーストな感じがしなくもないけど。。(トライは尊重します)

もう目の前にきてるんだから、お客様からしたら、初めから安くしといてよ、って。わざわざカートの画面タップやクーポン発券自体がめんどくさいわ、的な。

生活者は、自分の意思で決定している、と、思っていることに、満足度を感じており、強制的に付き動かされた行動の満足度とは、差がある、的なリサーチも見たことある記憶が。

普段、混雑しがちなスーパーでお買い物お買い物をしたことある方ならば、一番のフラストレーションは、何だか、理解してるはず。

会計待ち列です。

(´-`).。oO(ビートルズのHELP!をBGM流してる暇あったら、レジ応援入ってくれ!w)

その解でいうと、カートに入れた物品が、店員レジやセルフレジを経由することなく、すでにその際に決済され、駐車場まで行けたらどんなに快適なことか!

早く進みそうなレジ列選びで、一か八かの運を使いたくもないし!

SIerやマーケターは、朝から晩まで、スーパーに張り込み、定点観測するところから、はじめてみよう!
三井物産、資源だけでなく新領域に積極的になってきてる。
三井物産株式会社(みついぶっさん、英語: MITSUI & CO., LTD.)は、三井グループの大手総合商社。三井不動産、三井銀行(現・三井住友銀行)と並ぶ『三井新御三家』の一つ。通称は物産。 ウィキペディア
時価総額
4.39 兆円

業績