新着Pick
520Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「取り扱い注意のアドラー心理学」とは、言い得て妙。2013年に発売されて135万部を超えるベストセラーになった『嫌われる勇気』など、一時期アドラー心理学は大変人気となり、今でもその人気はあると感じています。
ただ、私がこれまでアドラーに関する本を読んできて感じることは「理論は分かるが、実践するのは難しい」ということ。

それは、「私」の行動は過去(環境や遺伝)ではなく「私」が決定し、今ある自分は「私」の責任であるという考えが伴うからです。

以前、『人の気持ちがわかる人、わからない人 −アドラー流8つの感情整理術』の著者である和気香子さんと偶然お会いしました。その後も交流させて頂いているのですが、彼女に開口一番話したのは「実践は難しいですよね」という言葉でした。彼女と意気投合して、その後しばらく話が続きました。

アドラーがいた同時期には、フロイトやユングもいて、アドラーとの交流もありました。ただ、その中でも、「私」の内なる心からの現状改善のための行動に重きを置いたアドラーは、自己啓発に向いているのかもしれません。そのため、ビジネス関連書としても人を惹き付けているのかもしれませんね。

実践は難しいが、難しいから断念するのではなく、自分を常に律するためにはアドラー心理学は役立つと思います。
「自分が全てを決められる」「自分次第」という、アドラー心理学の自責的なスタンスは、たしかに有用です。まず自分一人に責任があると捉え、自分がコントロールできる範囲で行動を始めなければ周りが変わることはありません。
一つ注意すべきは、他人に自責を強制しないこと。自分が選んで自責的に考えるのはパワフルですが、周りから言われると自己肯定感を下げてしまうことがあります。

参考:自責を相手に強制する「詰め」の無意味さ
https://cybozushiki.cybozu.co.jp/articles/m001023.html
そんな難しいんだって理屈がよくわからない私はそう思う。それを実践する方法を編み出し伝える事をやっている
仏教、アンガーマネジメント、アドラーと、敢えてセルフケアにおける王道中の王道ではなく外濠から着々と埋めてくる感じがNPsらしくて好きです(笑)

今回は心理学であるアドラーという立場からのアプローチですが、述べられていることは例えば経営コンサルタントであるコヴィーの「7つの習慣」や、憲法における「国民主権」などと本質は同じだと捉えています。
【第3回】メンタルヘルス対策特集で紹介するには取り扱い注意の「アドラー心理学」。今、心が折れた状態にいる人にはきつい理論です。「人間の行動には必ず未来の『目的』がある。環境や過去の『原因』は関係ない」。私もいろんなことを過去のせいにしていないか振り返るようになりました。
確かに相手と過去は変えられないので、自分と未来をどう変えるかに集中するのが近道でしょう。そして心と心はみんな繋がっているので職場や家族を含めた"大きな自分"を大切にできれば道は開けると思います。助け合い信頼し合い感謝し合えるような"大きな自分"でありたいものです。
「嫌われる勇気」でアドラー心理学を知りました。
完全に実践するのは難しいけれど、間違いなく人生を良い方向に変えてくれる説得力を持っていると、強い衝撃を受けました。
一度きりの人生、精一杯楽しむためにも、「心のメガネ」は良いものを使いたいものです。
アドラーの問題提起を、ライフストーリー論の枠組みでとらえなおしてみる。

人間は言葉を使うようになり、「時間」を意識するようになった。「時間は」一方向にしか進まない。ゆえに、過去起きたことが、現在を形成しているという因果律を意識する。でも、それは本当は、単なる偶然の相関関係かもしれない。合理的に実証できる因果関係は、人生のうちほとんどないと言ってもいい。

それでも因果律があると実感できないと、私たちは生きていけない。そこで物語が生じる。物語は、過去を説明するだけでなく、現在を語り、未来を示す。物語の縛り(これしかないというルーチン化した語り)をほどけば、物語は過去の事実に新しい意味づけをする。そして新しい因果の可能性(=新しい物語)に開かれる。それが私たちが認識する現在を変え、創り出したい未来を変える。

アドラーが言うように、「過去の原因」に拘泥せず、「未来の目的」に目を向けることで、物語の縛りがほどけるのは間違いない。しかし過去にフタをして、未来だけ見るとしたら、それはポジだけを見てネガをなきものにしようとする態度となる。ここから今一度、過去と向き合いことで過去の意味が変容する。そして、過去―現在―未来とつづく「時間」の物語が再編集される。このことではじめて、私たちの人間性が回復する。

これが「認識の歪み」から脱出するためのライフストーリー論のアプローチとなる。
ここで、説明をされている岩井先生は、まだアドラーが世に知られるずっと以前からアドラーに注目されていました。
各地でセミナーされています。一度は、ぜひ直接お話しをお聞きください。
先日、久しぶりにお会いし目から鱗体験でした。
事象を実、データ、感情、解釈に切り分けて、どうあった方が効果的か?何が出来るか?自分の頭で考えるよう気をつけてます。
この連載について
働く人の心の健康状態を年1回調査することを従業員50人以上の事業者に対して義務付けた「ストレスチェック制度」の施行から1年。メンタルヘルス対策は個人や企業にとって大きな課題だ。心を病まない方法と職場環境の改善策を紹介する。