視力の低いイチローと山田哲人が示す、「眼がいい」の正体

2016/11/24
かつてイチロー(マーリンズ)だけが「特例」とされていた概念が、山田哲人(ヤクルト)の登場でいま、ひそかに注目され始めている。
イチローは2016年、メジャーリーグで通算3000本安打をマーク。一方の山田は今年、プロ野球史上初めてとなる2年連続トリプルスリーを達成した。舞台は違うにせよ、いずれも、いまの日本の野球界を代表するバットマンといえるだろう。
そんなイチローと山田の共通点。
それは、彼らの視力が1.0を下回っていることである。
これの意味するところはどういうことなのだろうか。
「野球選手は(矯正を含めて)1.5以上の視力が必要とされ、視力が0.9以下のイチローだけが“特例”だといわれてきました。ところが山田という選手まで出てきた。2人も“特例”ということはないでしょう。“眼(め)がいい”とはどういうことなのか。2人の活躍は、“見る”という世界に一石を投じたのではないでしょうか」
そう語るのは、大阪府の吹田市で「視覚情報センター」を営んでいる田村知則氏である。
イチローの突出した感覚
プロ野球のオリックス・バファローズの定期検査をはじめ、数々のプロ野球選手の眼を検査し、眼の使い方・見方を指導してきた人物だ。
いまでは、調子を落とした選手たちや成長のきっかけをつかもうとする多くのトップアスリートが通う。プロ野球選手はもとより、他競技では幼いころの錦織圭もその1人だ。
田村氏はオリックス時代のイチローの眼を7年間検査してきた。やはり、イチローの眼の使い方には突出した感覚があったと語る。
「イチロー選手はどういう眼の使い方、見方をすれば、身体の反応につながっていくのかを意識していました。たとえば、ボテボテのゴロを打ってしまったときに、ボールの見え方の感覚が身体とマッチしていたのかどうかに重きを置いて振り返っていたのです」
「『眼と身体、そして、心のつなぎ方が重要だ』と探求心を持っていました。その感覚をずっと持っているから、眼の使い方、ボールの見方が磨かれた。だから、視力が少々低くても反応できました」
野球界の数々の常識を覆したイチローは43歳となったいまも活躍している
野球選手における眼の使い方とパフォーマンスとの相関関係。そして、現代人がおろそかにしがちな眼の働きが身体に及ぼす影響について、今回は取り上げたいと思う。
この連載「高校球児プロデューサー」からは内容的に少し離れてしまうかもしれないが、スマートフォーンの普及などで、眼を使う機会が多くなっている現代人への警鐘も込めて、異なる視点からお送りすることをご容赦願いたい。
いい眼=視力ではない