新着Pick
352Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
AKB48総監督 横山由依さんとの対談の後編です。

前後編を通じて、理念浸透、幹部育成、人事制度、新陳代謝、人材採用などの切り口でAKB48の組織変革についてお話させて頂いています。横山さんが普段から本気でAKB48の組織について考えていらっしゃることもあり、1時間の対談では語りきれないくらい盛り上がりました!

前編はこのシリーズの最高Pick数だったと聞きました。私がAKB48が好きなのが滲み出てしまっているのがキモいのは否めないですが(笑)、AKB48愛を活かす場を与えて下さった皆様に感謝しております。いつか、秋元康さんからAKB48の組織変革コンサルティングの依頼が来る日まで頑張りたいと思います(笑)

後編も読んで頂けたら嬉しいです!

※対談に出てくる内容は
前編が心理学者 V.ブルームの「期待理論」、社会心理学者 山岸俊男の「臨界質量(クリティカル・マス)」、経営学者 C.バーナードの「組織人格・個人人格」、後編が心理学者 C.G.ユングの「タイプ論」、社会心理学者 K.レヴィンの「Unfreeze・Change・Refreeze」などの理論をバックボーンにしています。

心理学のメソッドやフレームワークはもっと経営や組織で活用していけると思います。
H&Mの日本立ち上げの時の産業医をしていた事がありますが店舗現場から物流や人事などへの異動が結構あり驚きました。一般的な外資系企業ではjob descriptionがハッキリしており、経験者を外部から採用してくるのが一般的なので。

そのような現場登用の際に重要になるのは「H&M wayを理解していること」。

それを聞いた時は「ん??」となったのですが、要は多少スキルは劣ってもH&Mらしさを体現している人を優先するということでした。
今回語られている「定量と定性」の考え方にもつながりますね。

ただ「定性」というある意味ふわっとした基準で人を評価する訳ですのでその分運用は慎重にならなければいけません。

自社の組織はどのような人物を評価するのか?はある意味その企業のアイデンティティを常に自問するという行為ですので、定量的評価よりも難易度が高いとも言えるかもしれません。

PS
今回は麻野さんのAKB愛が炸裂してましたね。多少暑苦しかったですが・・・(笑)。
この余波(?)で、「もしドラ」のように「AKB総監督、組織論を学びに行く」みたいな本を出したらどうでしょうか。
AKB48という組織はアイドルグループの中でもユニークなだけに、そこを組織経営の視点で見ていくと、一般の組織でも参考になる点が多いですね。とても分かりやすかったです。

こんな感じで経営を教えてくれる授業があれば、大学ももっと楽しくなるなと思いました。

p.s. 麻野先生、参考文献にAKB48に関するものが抜けています(笑)
AKB48を組織論で見るというのは斬新ですが、なるほどね。横山由衣さんも、これにしっかり付いて行ってるのがなかなか凄いところ。しかしAKB48って本当にこういう組織論を考えて結成されたのかなあ。
AKBを会社組織、それも成長ベンチャーに見立てた組織論は新鮮で面白かったです
が、麻野さんが語ってるとどうしても「理屈っぽいガチファン」みたいに見える不思議 笑
それだけ愛が溢れてるってことなんでしょうね
なるほどなー
当たり前の事に気付かされる
アイドルも企業も組織だから、共通して語れるものがあるという事
人に対する洞察から組織への影響がはじまるんだよなーという、本当基本中の基本を改めて考えさせられた
麻野さんの投稿はよく読んでますが、今回の企画はAKB愛が溢れてて、さすが過ぎました笑 写真の表情もいつもと違う気がします笑
そして現状どういう組織論でAKBが動いてるのか気になった。面白い連載でした!
サムネイルの写真の表情に始まり途中に垣間見えるAKB愛、そして最後の写真と、読者にとっては(少なくとも私にとっては)横山さんというよりも麻野さんの好感度が上がる対談でしたね。お疲れさまでした。
この連載について
AKB48の二代目総監督である横山由依が、NewsPicksのプロピッカー陣と対談。政治・経済からカルチャーにいたるまで、最前線で活躍するキーパーソンに迫ります。アイドルグループのリーダーとして、一人の女性としての視点に注目です。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア