【麻野×横山】メンバーのモチベーションを上げる方法

2016/11/27
AKB48グループの2代目総監督を務める 横山由依さんがNewsPicksのプロピッカーと対談する連載「教えて!プロピッカー」。政治・経済からカルチャーまで、第一線で活躍しているキーパーソンと対談し、基礎から学んでいく企画だ。
今回のゲストはコンサルタントの麻野耕司さん。組織をいかに変革するかについて、ビジョンやミッションのつくり方、人事制度や人材育成などの観点からレクチャーした。
成果主義的人事制度の弊害
麻野 今回、AKB48を組織論から見た場合に特徴的な4つのポイントを挙げました。続いて、「人事制度」と「新陳代謝」についてお話しできればと思います。
まずは、人事制度から。現在、企業の人事制度は昔の年功序列から成果主義の流れになってきています。つまり、若くても頑張れば評価される仕組みを設けることで、みんなのやる気につなげています。
AKB48には、ファンからの投票をベースにして評価が決まる選抜総選挙の仕組みがありますよね。それも成果主義に似た評価制度で興味深いと思います。
横山 私が入る前から選抜総選挙はあったので、当たり前に感じていました。改めてそう言われると、斬新な仕組みなんだなと思いました。
確かに、それまではアイドルグループの中で順番が付けられることもありませんでしたし、すごいシステムだなと。
私自身は、総選挙によってすごくチャンスをもらいました。多くのファンの方の投票で選抜に入れてもらえたので、「自分はここにいていいんだ。もっと頑張ろう」と思えて、活動をすごく後押ししてくれたと思います。