【麻野耕司×横山由依】仕事ができるだけではリーダーになれない

2016/11/20
AKB48グループの2代目総監督を務める 横山由依さんがNewsPicksのプロピッカーと対談する連載「教えて!プロピッカー」。政治・経済からカルチャーまで、第一線で活躍しているキーパーソンと対談し、基礎から学んでいく企画だ。
今回のゲストはコンサルタントの麻野耕司さん。組織をいかに変革するかについて、ビジョンやミッションのつくり方、人事制度や人材育成などの観点からレクチャーした。
組織論から見たAKB48の特徴
――今回は多くの企業の組織変革に携わっているコンサルタントの麻野さんに、組織論についてレクチャーしていただきます。
麻野 私は企業の経営者やリーダーの方々に対して、組織をどうマネジメントしていくかについてアドバイスやサポートをする仕事をしています。特に、組織で働く社員のモチベーションが一番重要な切り口になっています。
横山 例えば、どんなことをされているんですか。
麻野 具体的には、理念の浸透、幹部育成、人事制度、人材採用などです。
一例を挙げると、ある会社は業績不振で赤字がずっと続いていました。社長はビジネスを変革するプランがあったのですが、幹部が「今までも失敗した」「そんなのうまくいかない」と反発していました。
そこで、社長と幹部がコミュニケーションする場を私たちが作り、幹部の意見を取り入れながら変革プランをもう一回練り直したのです。
すると、幹部の方々が「これなら私たちもできる」と思うようになり、プランが実行されて業績が回復したことがあります。
――そんな麻野さんが、今回AKB48の組織を診断してくれました。
横山 本当ですか、気になります(笑)。
麻野 あくまで外から見た印象ではありますが、組織変革やモチベーションの観点からお話しできればと思います。
はじめに、AKB48は非常によくできた組織で、アイドルやエンターテインメントの世界にイノベーションを起こしたと感じます。
私から見てAKB48という組織には、大きく4点の特徴があります。
それは「理念の浸透」「幹部の育成」「人事制度」「人材の新陳代謝」です。はじめに理念の浸透と幹部の育成について、ご説明できればと思います。
1つ目の、「理念の浸透」は「ビジョンマネジメント」でもあります。
例えば、初期のAKB48は、グループとして「東京ドームで公演するんだ」というビジョンを明確に掲げていました。これは、当時のアイドルとしては珍しかった。それにより、メンバーのモチベーションを上げることに成功したと思います。
横山 確かに東京ドーム公演は、メンバーもファンの方々もスタッフも、みんな一緒の目標でしたし、すごく大きかったと思います。
その点で言うと、今のAKB48は目標を定めにくいところが難しいと感じています。
横山由依(よこやま・ゆい)
1992年12月生まれ。京都府木津川市出身。2009年9月、AKB48第9期研究生として加入。2010年10月に正規メンバーとなり、2015年12月、AKB48グループ2代目総監督に