新着Pick
291Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
なるほど、工場に一時預かりしてから託児所に連れて行くのか。車で通勤している親にとっては、これは十分ありがたいのでは。
人気 Picker
トヨタらしい対応だ。

さすが「現地現物」カルチャーの実践を福利厚生面でも発揮している。

また豊田市だからできることかもしれない。

個人的には日本の代表トヨタが時短の方向に舵を切るべきと思うが...。
これは素晴らしいシステムですね。

工場のある地域だと車で通勤する人が多いでしょうから、子供と一緒に通勤して子供は託児所に連れて行ってもらえます。

他の企業でも低コストで実現可能なシステム。
是非、導入していただきたいです。
さすがトヨタ。これも一つの解決策。

ただし、職場が遠い場合や通勤手段が過酷な場合で職場にはつれていけない人もいるだろう。

書生論かもしれないが、多様な事情に対応できる選択肢の充実が望ましい。私企業に解決策を期待するのではなく、社会システムとして解決策を考えよう。良好な子育て環境も大事な社会関係資本の要素であり、その程度は、物理的設備や制度だけではなく、社会における人々の繋がりや信頼の度合によって規定される。
流石トヨタですね。こういう支援が増えてくると働きやすい環境が整ってくると思う。
すでに市区町村レベルでは送迎保育の仕組みがある。
東京都は補助金を出す取り組みもしており、大企業勤めでなくても送迎保育を気軽に活用できるようにしていきたいですね。

東京都、4月から「送迎保育」に補助金
https://www.hoiku-navi.com/column/nursery-news/pick-up-of-childcare-tokyo/
行政依存でなく、企業側が子育てしやすい環境作りを推進する流れが加速していますね。子育て支援と介護支援。これは定着率向上の為にも、重要なポイントに。
たとえば、職場に保育施設があれば、母親は仕事中も定期的な授乳ができる(母乳育児の場合)。しかし、仕事場では子どものことを忘れて仕事に専心したいという声も耳にする。伝統社会ではさまざまな成育儀礼がある種の社会的装置として機能していた。その中、「社会の子ども」という観念が普通であった。現代は、儀礼をどんどん形骸化させてきた。結果、子どもを育てるのは、もっぱら親の責任(さらにいえば母親に偏った役割)となっている。これは実は、ワーストプレイスとしての家と働く場所としてのセカンドプレイスが分離し、遠距離になったことも原因としてある。トヨタの今回の試みは、子どもが父親や母親といっしょにセカンドプレイスに行く。これは「社会の子ども」の現代版づくりの第一歩になるかもしれない。職場が働く人の子どもを正式に認知し、社会として受けれる新しいリアリティを創ることになりそうだ。
親は送り迎えが必要なく今まで通り勤務できて、会社も工場からの送迎のみすれば良いだけなので負担も少なく、画期的な仕組みですね。この一時預かりのハブを作る考え方は他地域でも使えそう。
企業内保育に国から助成が出るため、最近大手企業による開設が増えて来ました。
関西ならば私鉄の雄と称される阪急電鉄がトヨタよりも前に始めています。
たしかに多様化してきた働き方を考えるならば、子供の送り迎えや託児所など今まで稀だったことをいかにやるかが企業としても人材確保の観点からは必至でしょうね。
これは子育て世代にとって、痒いところに手が届く対応ですね。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
27.8 兆円

業績