新着Pick
355Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ミラーレスは前は懐疑的だったが、調べてみると、かなり画期的に思える。まさに航空機のコックピットのようで、各種センサー技術と組み合わせ、人では不可能なレベルの危険を感知できるだろう。目視に頼っていたものを電子に委ねることに不安はあるが、自動運転などはさらにそれを進めるものなので、このレベルでの安全は確保されていなければならない。あとは、自動運転でも課題となっているコスト増をどう防ぐか。
デザインは変わるでしょうが、サイドミラーは狭いところでは厄介者なので無くなった方が楽です。

バックの際、小さな子供が死角になって事故になる悲劇が少なくありません。
早く普及することを祈っています。
ミラーレスじゃなくて死角レスです。技術や製品を競合視するからミラーレス、問題を競合視すれば死角レス。
早晩自動運転になるので短命に終わる技術かもしれない。償却できるんかいな
ミラーとワイパーは最もハイテク化が遅れている場所なので、ミラーも色々出来そうで期待。
カメラ映像は、肉眼に比べ立体感に乏しいから直ぐに頼れるか不安だが、クルマを上から見たバードビューなら分かり易いかも。
今までよりも増えた視覚情報を、生身の人間ドライバーがどこまで活用できるかですね。

自動運転レベル3以上の普及までの運転アシスト機能なのだと思いますが、素人的には、視覚情報から人が判断するより、機械で勝手に制御してしまった方が良いのでは?と思ってしまいます。

全然違う切り口ですが、もしかして「運転の楽しさ」を体現する機能になっていくのでしょうか。飛行機のコックピットを操作しているような感覚をもたらす、的な。その場合、人間のキャパを超える情報量が目に入ってくるとかえって危険なんじゃないかなと心配になります。
写真を見る限り、車の運転席というよりも、コックピット。ただ、ミラーレスになることで死角が減り、事故現象に繋がりそうなイメージはつかめる。
自動運転車よりもコストも含めて現実的ですね。
故障のリスクは、エアバッグの時も専門家が指摘していましたが、リスクと効用のバランス評価でしょう。
ミラーは遅延ゼロでフェイルセーフを兼ねられるから,合わせ技でもっとうまくやる映像出力法あると思うんだよね.弊ラボもその辺研究してますが.
10年以上ペーパードライバーの私には、運転出来そうもありませんね。
トヨタの新しいタクシーを楽しみに待ちます。
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
2.59 兆円

業績