新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

119Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界に大きなショックを与えたトランプ候補の当選について、ロシア側の視点からそのインパクトを考察してみました。記事中でも述べた通り、今のロシアはトランプ政権の孤立主義的な政策に期待を膨らませているところですが、実際の方向性はまだ未知数です。

今後、ロシアがトランプ政権とどう付き合っていくのか、特にウクライナ・シリア問題でどう折り合いをつけるのかが焦点になってくると思われます。
緊急特集「トランプ後の世界」、本日はプロピッカーでロシア研究者/軍事アナリストの小泉悠さんの寄稿を掲載します。トランプ当選後のロシアの反応がコンパクトにまとまり、目下、日露関係の最大の関心事である安全保障情勢に与える影響、今後見ておくべきポイントについて解説されています。是非、お読み下さい。

なお、10月下旬に発売されたばかりの小泉さんの新著『プーチンの国家戦略 岐路に立つ「強国」ロシア』(東京堂出版)はロシアを理解するためにおすすめです。ロシアの内政・外交、社会についての総合的な理解があるからこそ、立体的にロシアが見えてくる良書です。
西側の普遍的価値である、人権・言論の自由といったものから距離を置くロシア(中国も)にとって、時に人種差別者ともされるトランプ氏の出現は都合がいい可能性は大いにある。ロシアが支援するシリアのアサド政権は化学兵器まで使って一般住民を虐殺しているのだが、トランプ氏はロシアと協力してIS打倒に集中するとしている。人権を蹂躙しているアサド政権を認めることは、いわゆる西欧的価値観からすれば敗北に等しいのだが、それを平気でできるのが、ある意味、トランプ氏の強さだとも言える。それが認められるなら、トランプ氏は中国での人権抑圧も同じように無視して経済的利益だけを追求しかねないとの危惧を覚えるけれど、今はそういう世の中に変わりつつあるのでしょう。
非常に分かり易い記事です。この記事でロシア側がヒラリークリントンを警戒していたという点に触れられていますが、私もこのロシア側の分析と同じように、ヒラリーが大統領になっていたら、シリアにおいて対露強硬策をとり、今よりも危険な状況になると思っていました。トランプ氏がロシアとの協調路線をとったとしても、これまでの同盟国との摩擦が生じることで別のリスクが生まれるのですが、米露がぶつかるよりはましだと思っています。
 議会の多数派を握った共和党の中には対露強硬派が多いですし、そう簡単に対露政策をシフトできるかどうかわかりませんが、トランプ氏が伝統的に米国の対外政策の決定に影響を与えてきたロビー団体だとか様々な国内のアクターから、ヒラリーと比べればはるかに自由であることは間違いないと思いますので、それ自体をプーチン辺りは歓迎しているのではないかと思います。
 トランプ氏の安保問題のアドバイザーであるマイケル・フリン氏も、非常に斬新で軍人とは思えないようなこれまでにない発想をする人ですので、トランプ新政権での米露関係がどう動くか、注目したいと思います。
【国際】ロシアの伝統的な安全保障観は「首都から国境が1マイルでも遠くにあること」であるから、(現時点では)孤立主義的な色彩の強いトランプ次期大統領の外交・安全保障政策と調和する。まずは国家安全保障政策担当補佐官、国務省高官、国防総省高官、駐露大使らの人事に注目する必要がある。
写真(壁画)もの凄いインパクトですね...(*_*)。
年内目処?目指している日本との北方領土問題合意への影響が気になるところ。
実は、もっとも気になる米露関係。クリントンのメールもモスクワがハッキングしたのではないか、という記事も読んだことがある。小泉さんの指摘する通り、トランプが内政ばかりに目を向け、外交に何の戦略も持たないのなら、プーチンにいいように使われるだけになるが、果たして。
そうだろうな、と思います。分析が分かりやすい上、冒頭の写真がいいです。趣旨を一瞬で伝える編集者の技ですね。
この連載について
下馬評を覆しての「トランプ圧勝」。トランプ大統領の誕生は、世界の大きなターニングポイントになる。トランプ後の世界はどんな世界になるのか。経済・日米関係、米中関係、米ロ関係などの切り口から将来を展望する。