新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

323Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
コメントを寄せていただき、有難うございます。

私の乏しい経験でも、日米同盟の米国にとっての戦略的重要性を事実とデータで示せば、米国側からの否定や反論は一切ありませんでした。

問題は、私が米国側の要求を値切ることができているのに、日本の官僚ができないこと。

国益を主張できない国は軽蔑され、軽く扱われることは、湾岸戦争時の米国務長官ベーカーの回顧録『シャトル外交』でも明らかです。

異論反論がなかった日本に関する記述は「日本は130億ドルを拠出した」という1行半のみ。政治家、官僚、専門家の名前は出てこない。

しかし、日本以外の国は全て米国の要求を値切りまくり、それをベーカーは政治家、官僚、専門家の名前を挙げて「タフ・ネゴシエイター」と褒めちぎっています。記述も多い。

アングロサクソン的な米国の思考様式では、日本のような重要な同盟国がノーと意思表示すれば、真剣に耳を傾けるのです。対案がリーズナブルなら、それを受け入れる。信頼も高まる。それなのになぜ、日本は主張しないのか。

これは、私と対談したときの英国の小説家フレデリック・フォーサイスの言葉ですが、まったく同感です。

安定感を見せている安倍外交が、ロシアや中国を相手に本当に外交を展開できるのか、トランプとの初会合は試金石となるでしょう。
正面装備ではなく補給の概念から、日本はアメリカ軍にとって大阪本社であり、他の同盟諸国は支店、営業所レベル、という説明は流石に軍事専門家の視点だと思いました。

その意味で、すぐに日米同盟が揺らぐことはないというのも納得ですね。

ただ一方で誰が大統領になるにせよ、中長期的には、対ソ連を前提に構築されてきた日米の軍事同盟関係が、徐々に質的な変化をして行くことは避けられないのだろうとも思います。

そもそも未来永劫、自主的な防衛能力を持たず、アメリカの軍事力の庇護の元で国を保つのも無理でしょうしね。

何れにせよ今後の日本は、いつか自主防衛能力を持つことの覚悟を決めなければいけない日がやって来るだろうと思います。

その時に備えて、日本の基地無くしては、トランプ氏の主張する偉大なアメリカの復活どころか、今すぐにでも世界の覇権国家から転げ落ちかねないという事実をベースに、逆に基地を人質に取ってより有利な地位を目指して交渉するくらいのしたたかさが必要となってくるのでしょうね。

トランプ氏という稀代のビジネスマン相手には、従来の説明して理解を求めるレベルでは通用しません。
こちらも同様にハードネゴシエーターでなければ、到底太刀打ちができないでしょう。
日本が米国民に理解を求めるべきポイントが簡潔に纏まっていて素晴らしいと思いましたが、是非こうした客観的データを基に、首脳レベル・草の根レベルの両方で日米同盟の価値をお互いに再評価する努力をお願いしたいと思います。実際、トランプ氏が言うように日本が核武装をすることは米国にとって悪夢のはずです。

なお、今の憲法下で安保法案が本当に必要だったかどうかはさておき、まず憲法9条2項を見直しておく必要があることには変わりありません。自衛隊の存在自体に違憲の疑いがあると日米安保の安定性を損なう可能性があるからです。
>それゆえ、「米国にノーと言ったら安保を切られる」と日本国民が誤解しているのとは逆に、米国は日本が同盟関係を解消することを怖れてきたのです。

地政学の観点から見ると、アメリカという国は北米大陸に孤立しており、大西洋と太平洋が大き過ぎるという状況に置かれています。よって、いわゆる「ジャンピングボード」が必要であり、前線基地として、大西洋ならイギリス、太平洋は日本が必要になるのです。

だから、アメリカにとって日本を押さえておくことは不可欠、と言えます。
「といっても、臆する必要はありません。経済問題はさておき、」

経済問題もさておく必要ないと思います。

槍玉に上がっている自動車産業、アメリカ国で最大の自動車生産台数を誇るメーカーはどこでしょうか?

答えは「日産」です。2位はGMですが3位ホンダ、4位トヨタ、5位フォードです。これは販売台数ではなくアメリカ国での生産台数です。

アメリカ国の自動車生産はGM+フォード+クライスラーの三社を合わせた台数より、日産+ホンダ+トヨタの三社を合わせた台数の方が多いのです。しかもアメリカ国には日本車メーカーとして他にマツダやスバルも工場がフル稼働しています。

アメリカの雇用、トランプ支持者の雇用は、今や米国ビッグ3より日本車メーカーの方が大きく支えており、逆にGMやフォードはアメリカでの生産台数を絞り中国と韓国での生産台数を増やしています。

トランプが本物の企業家なら、トランプ支持者の雇用を支えているのが誰か?減らしているのが誰か?は明らかなのですから、正々堂々と理解を求めれば良いだけでしょう。

Who makes the most cars in North America? Who has the largest auto factory in the U.S.? Don’t be embarrassed, few get it right
http://dailykanban.com/2015/02/makes-cars-north-america-largest-auto-factory-u-s-dont-embarrassed-get-right/
今週末の近所のアップル、グーグル、インテルといったパパ友との井戸端会議でトランプ支持への世論の変化を痛感。米国側の負担が減ることによる施策や交渉は、米国民の誰もがわかりやすいメリットとして享受できると考えており、結果、日米同盟等で日本がどれだけ譲歩してくるのかということが既に大きな話題になっている。シリコンバレーのヒラリー支持層だったとしても、米国側に還元できるお金が増えることは喜ばしいことであり、州の予算がが増えて、公共事業が増え、結果より住みやすくなることを期待する人が増えてきている。トランプ後は”シリコンバレーを出る”的な発言もあったが、より豊かになるのでは?と期待する声が増えている、
日米同盟の意義がとてもわかりやすく解説されています。「日本は大阪本社」というたとえは秀逸です。
日本の国防や将来について、これほどまでに沢山の人が考えたのはいつ以来だろう。これだけ多くの人が国の将来を生々しく想像し議論しているだけでも大きな価値があったとも言える。今回のことをきっかけに、いろいろ取り返しがつかなくなる前に準備できたらいいですね。
これほど分かりやすい安全保障の話は、ありませんでした。
さすが本職の軍事アナリストですね。
日米関係が極めて微妙な均衡の上に成り立っており、互いに見事な補完関係にあることを知りました。
これも長年の同盟関係の賜物ですね。
となれば、安倍首相がご祝儀をいくら出すかでしょうね。
ご祝儀ゼロは絶対にありませんから。
「84カ所の米軍基地を置く日本列島は米国にとってひとつしかない戦略的根拠地だ」というのは、青森と京都に配備された「TPY-2」という早期警戒レーダーの存在を考えると具体的でわかりやすいです。
https://www.houdoukyoku.jp/posts/2769

トランプ氏も“実利”を優先して、「学べば学ぶにつけ、抑止力の重要性が分かった」と発言するかもしれません。
この連載について
下馬評を覆しての「トランプ圧勝」。トランプ大統領の誕生は、世界の大きなターニングポイントになる。トランプ後の世界はどんな世界になるのか。経済・日米関係、米中関係、米ロ関係などの切り口から将来を展望する。