新着Pick
300Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
今回の機械学習のブームは、そこそこ普及すると思います。
人気 Picker
教育領域においても、ディープラーニングが導入されることで、個々の習熟度別の学習がより効率的に出来るようになると言われています。

リクルートでは、「スタディサプリ」を通じて、東大の松尾豊准教授と共同でAIを研究しています。
本記事では、キュウリ生産農家の例がありました。選別作業はAIに任せ、もっちセンシティブなことに作業時間をかけることができる。それは、教室で言えば、基礎的な学びやフィードバックはAIに任せ、先生はファシリテーターやメンターのような、AIには(現時点では)出来ないことに割く時間を増やせるということになります。
先生が日々行っていらっしゃる事務的な作業は、既にテクノロジーが代替しつつありますね。

今、北京で行われている「2016教育科技大会(Global Education Technology」という中国最大の教育カンファレンスに参加しています。
そこでも、AIを用いた学びがどのように変容していくかというセッションがあり、多くの聴衆を集めていました。

また、スタートアップの出展ブースでも、実際にディープラーニングを用いて模試の結果を解析し、個々人のどの単元が弱いのか、どのような学習をすると成績が上がるのかに取り組むところがありました。3年前に立ち上がったそうですが、既に中国国内で50万人の利用者がいるとのこと。
中国の教育関係者に伺ったところ、利用者が100万人くらいでは「ふーん、事業をやってるのね」くらいの印象とのこと。。。

中国は米国に次ぐAI研究国と言われていますが、それに加えその人口も、AIを進める上では非常に魅力的な国だと改めて認識させられました。
ディープラーニング系AIエンジンは医療分野が圧倒的に優れており、金融業でも医療系エンジンを転用したアプローチが見られます。医療や金融はじめサービス業は、顧客カルテ(データ)に基づきAI活用しアドバイス等サービス執行すると言うロボット型モデルがハマり易く、グーグルのAPIはじめAIでのオープン化はウケると想います。
スマホなどの端末でグーグルのAIを使うようになればまた、新たな質の個人情報がグーグルに集まる様になりますね。
今更ながらですがAIについてのまとめです。
https://thefinance.jp/fintech/160621
AIが汎用的になったときの、今のエクセルやパワポのようなデファクトのツールになろうとしているように見えます。
現状で患者さんへの診療を考えた時にヘルスケアの分野で求められるAIの仕事の1つは、医師が様々な情報からパターン化された答えを導き出す部分である。
例えば一般的な病気の診断などがまさにその対象。そうすることで医師はより個別の患者さん1人1人に向き合える時間ができ、人間でしかできない触れ合い、対話を通したきめ細かな診療が可能になります。
これからAIの進歩によって、人間の医師と共同で医療をより発展させられる可能性が大いにあり、非常に楽しみです。
下記の発言は、個人的には危惧を感じる。「人々を教育し」という言葉は、今回の選挙でも伺えたような「理解している人」「理解していない人」という分断を生みかねない。そういう側面もあるかもしれないが、元々の考え方が違うかもしれない。特にAI関連では、センシティブなトピックだと思う。
あと記事から逸れるが…Googleの方なのにネクタイをしているというのが驚き!
『コラード:AIはまだ初期の段階だと思っています。インターネットの初期の時代と同じです。ビジネスや製品をよりよくすることができるかもしれないと、人々が目覚め始めた段階だと思います。今は人々を教育し、AIについて理解を深めてもらう時期です。』
AIはツールなんだけど、人間の心理も読み取ってくれるツール。
よりよく使って、人間がもっと価値を生み出すことに時間を割く事ができるならいいと思います。単に職業を取られるということでなく。
期待したい。
ビッグデータを流行らせたのもGoogleだ、あのときはMap Reduceという並列計算技術とHadoopというソフトウェアをオープンにしてビッグデータ分析を世界中に流行らせ、デファクトにした。
今回のAIも同じようにブームで終わらせずにデファクトを狙う動きだろう。多くの論文が発表され、Googleは最もいいアプローチを採用したり、その識者を雇ったりするだろう。
正に世界をリードしている。
あまりバズワードに振り回されず、人工知能という技術を活用して社会のどんな問題を解決する事ができるかに重点を置きたいですね。
AIはインターネットの初期の時代と同じ
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア
新着記事一覧
痛み伴わず皮膚に貼るだけ──極小針付きの「輝く」パッチテストが、血液検査の代わりになる
WIRED.jp
4Picks

茨城県ひたちなか市に半導体製造装置の新工場が完成、スマート工場化で高効率
MONOist
2Picks

めっちゃ見てくるな もしウェブカムが人の目みたいなデザインだったら
ギズモード・ジャパン
3Picks

Microsoft、「Surface Laptop 4」発売 AMDの13.5インチが12万8480円から
ITmedia NEWS
2Picks

ジープ ラングラーPHV、電動化でもオフロード性能は健在アトランタモーターショー2021に出展へ
レスポンス
2Picks

アンカー・ストア、「Anker Store ららぽーと横浜」を4月20日にオープン
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
2Picks

日産、体温体調管理システム技術の無償使用を許諾---コロナ対策を支援
レスポンス
3Picks

億万長者の人生よりインパクト投資を選んだスウェーデン人起業家。「トータルで見ればいいことできたと感じたい」
Business Insider Japan
2Picks

加速するビジネス環境にアジャイルが適する理由 ソフト開発の枠を越え広がるアジャイルの威力 後編
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
2Picks

認知症リスク低減は30代から効果アリフィリップスと東北大ベンチャーの脳ドックプログラム「BrainSuite」とは何か
Business Insider Japan
4Picks