新着Pick
364Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
320円のアイスが10日で100万個とは、ざっと年商110億円ペース。コンビニのオリジナル商品としては異例と呼べるレベル。まして中堅のミニストップとしては大金星です。
ミニストップの広報が嬉々としてアピールしたのは理解できますが、それをもって「脱デフレ」と書いてしまう経済リテラシーの低さへの批判は皆さんご指摘の通りですね。
インフレ/デフレというのは同じ商品の消費者価格の上げ下げのことですから、新商品ではなく、ハーゲンダッツの店頭価格が上がらないと脱デフレではありません。
コンビニ客単価は、前年比で7月0.7%増・8月1.3%増・9月0.01%増で609円です。その為、1単品の出数で脱デフレとは言えませんが、コンビニも地産性を訴求した単品名物が増えましたね。
ささやかな贅沢は、脱デフレではなくデフレ状況での顕著な現象です。

普段節約している分、自分へのご褒美として買うのでしょう。
320円アイスが売れている=脱デフレって・・・
320円だったらスタバのコーヒーと値段変わらないし、そこまでお財布の紐固くはなってないと思います。

ハーゲンダッツもコンビニ限定商品を季節ごとに出してますが、ある程度コンビニで売れるから。
小売店の詳細データは、ナウキャスト社のレポートが最高にオススメ。全体では物価、売上高は低迷しており値下がりせざるおえない商品と、今回のような値上げできる商品傾向まで。データのおかげでミクロとマクロの境がドンドン融合してると気がします。
今回の記事は小売店の努力の方向も見えてくるし、それはそれで読むのでありかなと
今、お菓子や食品でプチ贅沢なものを売るのはコンビニが一番うまいと思う。コンビニのPBで少しいいものならというのは当たり前のように広がってきていると思う。
デフレは同じ中身を入れた買い物かごへの支払額が下がり続けること。買い物かごに高級品を入れたら代金総額は上がりますが、これはインフレ・デフレとは無関係。見出しはダブルコーテーションマークをつけて「脱デフレ」と書いていますから、無理を承知で目を引こうとしたのかな・・・ 消費者の節約ムードが根本的に変わったならいずれ脱デフレに繋がるかも知れないけれど、どんな人達がどんな心理で上質なものを買っているのか分からないので何ともいえないところかと。トランプ氏の選挙戦での主張みたいな見出しだな、ってこれは冗談です。
コンビニというチャンネルのしかも各社のアイスやスイーツや中華まんのそれぞれたった一商品でデフレ脱却だと断じられてもねえ・・としか。まるでSPA!ですね。
「脱デフレ」ではありませんよ。
"プレミアム"と銘打つ商品で、プレミアム感を味わえない出来に一度出会った時。
そのコンビニの、同じプレミアムシリーズ全て、もしくはコンビニ自体に不信感を拭えなくなります。
購買層は、その位の器量で購入しているのです( ´_ゝ`)
パブリッシャーの立場としては、コンビニとファストフードの記事はアクセスが上がるので、ついつい増えてしまいます。
ミニストップ株式会社(英語: MINISTOP CO.,LTD.)は、イオングループのコンビニエンスストアである。イオンの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
457 億円

業績