新着Pick

「サードウェーブ系コンサル」だからできること

NewsPicks Brand Design
319Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
IT系の企業では過重労働面談が大量に発生する時期があるのですが、これまさにプロジェクトマネジメントがうまくいっていない時だと思います。

特に大規模プロジェクトでは自社の他部署だけでなく、他社も参加する混成チームだったりすることも多い。
力関係から他社チームには高圧的に出たり、逆に遠慮がちになったり・・。

確かに中立的な立場でリソースの適正配分をしてくれる人がいた方が良いですね。なんとなくその場の空気に左右され、NOと言えない日本人は管理職が「で、できます!」と答えてきてしまい、後で間に合わなくて部下が困るなんて例も多いですし。
「プロジェクトマネジメント」と聞いて、わかるようなわからないような・・・だったのですが、高橋社長から、「この取材でも、ライターは書くこと、カメラマンは写真、契約は営業とか、複数の役割の人がかかわるでしょ。みんな自分の業務の最適を考えてしまいがち。この取材全体を俯瞰してみて、どこにリスクがあるのか、納期に遅れはないかとみるのがプロジェクトマネジメント。どんな業務でもリスクや納期があるのは同じ」と説明されて、なるほど!と納得できました。

コンサルブームを3つに分けている例もおもしろいです。
1st マッキンゼーやBCGの日本進出
2nd IT系コンサル、システムインテグレーターの登場
3rd プロジェクトマネジメント
大手コンサルティングファームのプロジェクトでもPMOが機能せず炎上プロジェクトが生まれることは頻繁にあると聞いているので、その部分をスペシャリストとして担ってくれるコンサル会社ってのはクライアントの立場としても、コンサル会社としてもめちゃくちゃ価値が高いと思う。(実際クライアントは超大手企業からコンサル会社まで幅広いとのこと)

追記 記事末の職種欄に上場に向けて採用を積極化とありますね。上場前の企業のダイナミズムを感じれるのもレアな体験だと思うのでぜひ!
コンサルティング会社に限らないが、ある種の知的仕事(無から有を生むような創造性を伴う企画仕事)は、短い期限に無限の時間労働を投入することで成り立つところがある。もちろんこれは語彙矛盾で、1日は24時間しかなく、締め切りまでに無限の時間を投入することはできない。それにもかかわらず、こうしたプロフェッショナルワークの現場では、あたかも無限の時間と言うマジックが通用するように錯覚する。通常のオペレーション会社のスタッフが1週間かかる仕事を1晩で仕上げるからだ。しかも最高品質で。しかし、これが当り前になると、労働環境がゆがむ。本稿で示唆されているプロジェクト・マネジメントは、詳細はわからないが、複数のタスクを同時並行で動かすヨコ連動と、クリティカルパスとなるタスクの優先対応というタテ連動を組み合わせていると想像した。それはとても大事なことだが、同時に、極端に詰めたハードワークを是とする現場の風土を変える必要もあると思う。
大手コンサルからも委託を受けているということですが、コンサルがコンサル業務をコンサルに外出しするという構造が面白いですね。
本文とは関係のないサードウェーブ中年です。マジで苦手な領域なので修行させてもらいたいです。
プロマネこそメンバーの働き方に責任を持ち、短時間で最高のアウトプットが出る工夫が求められますね。

もっと修行します!
プロジェクトベースでの仕事が増えている昨今、第3者的なPMOが目的達成ベースで関わる重要性は肌身に感じてます。
確かに同じ場にいても、その人の所属する環境が異なるだけで、コミュニケーションの方法を変える必要がありますね。

そのために外部の視点は非常に重要なのだと思います。
プロジェクトに対してPMOとして入ることによるコンサルは、たしかに聞いたことはないし、とはいえ価値がすごくあると思う。
色々とコンサルはあるけれども実益を感じられるコンサルの1つだと思います。