新着Pick
245Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
申し訳ないのですが、政治家の方がこの後に及んでまだ「話せばわかる」と言う悠長な態度で本当に大丈夫なのでしょうか。

トランプ現象は、私は米国にとって非常に大きな変化を顕現したもので、当然日本にも大きな影響があるのではないかと思うのです。

TPPを含む米国との自由貿易と日米安保による安全保障は戦後日本にとって、一番基本とも言える決定的な要素でした。
そして、これは過去のどの政権でも基本的には踏襲されてきて、ある意味空気のように当たり前のものだったのです。

ところが、今回それが大きく変わる可能性が出てきました。

確かに、戦後の日本は自らアメリカの属国と卑下するほど、アメリカに頼りきって、その庇護と追従で今日の繁栄を築いてきました。
しかし、トランプ氏を大統領に押し上げた世論は、そんなことより、まず疲弊した国内を救ってほしい、という声であり、それが彼の一丁目一番地の主張であるはずです。

もう、「まず会って日本の立場の理解を求める」ではダメだと思うのです。

ことは単にTPPに反対とか、米軍駐留経費の負担増とかそういう個別のことではないと思います。
その背後にある変化こそが最も注視しなければならないことです。

今後の日本はアメリカに頼り切るのではなく、自主独立の道を歩むくらい腹を固めて、外交と政策を遂行していくことが求められているのではないでしょうか。

トランプ氏とその背後にある初めて声をあげたアメリカのサイレントマジョリティと、対等に渡り合うためには、それくらいの決意が日本には必要とされるのではないかと思うのです。
米国のTVを観ている限り、直近の報道ぶりでは互角という感じでしたので、日本の報道がヒラリーで決まりのように報じている方が違和感がありました。とはいえ、世界中で、長島氏が指摘するように、市場関係者や知識層にとっては「こんなことがあってはならないと思う人間のバイアスによって、予測が外れた」のでしょう。市場が大きく反応したこと、しかし、それが一夜にして元に戻ったことがそれを証明していると思います。

外交に関する部分だけは、選挙キャンペーンの通りにはいかないものですので、日米関係が急に大きく変貌するとは思えません。日本は米国の「最後の州」のように米国にとって便利な出先ですので、日米安保もそれほど歪まないでしょう。ただし、TPPの先行きはかなり怪しくなってきました。このような重要案件は新大統領の下で行うのが当然であり、米国が参加表明できるとは到底思えまえん。

一方、中間層以上への減税、法人減税で強い企業と高度人材を米国に呼び戻すという戦略は正しいと思いますし、それと逆に稼ぐ法人と有能な個人を苛めて海外に流出させている日本も、少しは見習うべきであろうと思います。
冒頭で山本氏が「(トランプ陣営への)人脈がない」と発言するなど、戸惑っていることを隠そうとしなかった二人。それでも現時点で入手できる情報から、日本の取るべき進路を言い当てる様子は、外交のプロの片鱗を見た気がしました。
文脈の都合上、本文中には盛込みませんでしたが、「トランプ氏は(日本がバブル景気に沸いていた)1980年代のまま認識が止まっている」と二人ともが指摘していたのが印象的でした。
トランプ氏はインタビューでこう発言しています。

「私は日本が大好きだ。日本に非常にたくさん友達がいるし、日本とビジネスもやっている」

ビジネス界であれば、トランプと親交のある日本人がたくさんいるのでは。

【トランプ、かく語れり(1)】私は日本が大好きだ
https://newspicks.com/news/1490362
山本氏の「SNSのポジ・ネガコメントなど、ビッグデータを活用した分析を行わなければ、情報を見誤る」というのは、違うと思う。①で書いたが、今回は相対的にデジタルリテラシーが高いだろう若い世代ではヒラリー氏優位だった。世代間での違い、世代内でも発信する人もいればしない人もいるし、何を発信するかも異なる。
またそもそもSNSがPicksも含めて情報を自分好みに歪める・増幅させる効果がある。それが社会現象につながることもあれば、社会現象につながっていないのに選択的に表示されること受容側の印象を変える側面もある。
黄金則はないが、情報を見誤ったのは正確な情報が取れるという前提が強かったこと(どのような情報が多く出やすいかという部分へのバイアス補正をしていなかったこと)、出にくい声の裏の感情の軽視だと思う。そしてそこが現在も続いているという印象を、自分はこの部分から感じた。
②で本多さんがWhartonの授業でのディスカッションについて触れてくださっているが、自分ではなく隣人がどう投票しそうか、というのはこういった表に出にくい感情を案外引き出しやすいかもしれない。
https://newspicks.com/news/1883251?ref=user_100438
https://newspicks.com/news/1884522?ref=user_285456
長島昭久さんは「こんなことがあってはならないと思う人間のバイアスによって、予測が外れた」と言うが、英国のEU離脱もそうだったので、ある得ることとして構えている必要がありました。
NYとカリフォルニアの、イギリスはロンドンの、エリート層の情報に頼っているうちに、格差の深刻さが見えなくなっていたということでしょうか。
さて、この孤立・多極化の情勢は、次のフランス大統領選、韓国大統領選にどう響くでしょう。日本はその中でどう振る舞いましょう。
AIはトランプ勝利を予想してたが人間のバイアスがあったと言う件が印象的。
もしトラ(もしもトランプ氏が大統領に成ったら)が現実となり、日本への風当たり等変化が想定されるわけですが、日米間で新たな人脈/信頼関係を築き上げられる機会でもありますね。
早速記事にしていただきありがとうございます!いくら時間があっても足りないぐらいでしたが、もっと議論したかったのが日露関係への影響。
プーチン大統領の訪日、そして衆院解散の見通しにトランプ新大統領の誕生どう響くのか、注目です。
昨日本イベントに参加させて頂きました。登壇者の皆さまは予想外の選挙結果に準備が出来ていないと仰ってみえましたが、実際には大変興味深い内容のお話ばかりでした。

そして一夜明けて今日。既に動き出しており、今の日本をトランプ氏に知ってもらうことが大切と山本氏も長島氏も仰っていた通り安倍首相とトランプ氏の会談が17日に決定しました。そしてたった今TPPの本会議で採決。不確実性の高まる世の中で日本だけでなく世界全体が各々模索しながらかつスピーディーに動いていくのだろうと感じられました。

個人的に思ったのは、日本のみならず他の国々もみんな分からない今の状況はとてもフェアでかつポジティブな印象を受けました。分からない中で、みんなでアイディアを出しながら日本について世界について改めて考える時代が到来したのだと思いました。

素晴らしいイベントを開催頂いたWSJさまに改めて感謝申し上げます。
「人脈はほとんどない」など正直なコメント。記事公開から数日で、予想より現実路線にシフトしたような発言も見られます。真意はどこにあるか、分かりませんが。

いずれにしても、「アメリカが●●だから日本は…」ではなく、今後は「日本は●●したいから、アメリカに✕✕と言う」式の発想が必要なのでしょう。江藤淳「アメリカと私」以来の議論かもしれませんが。。
この連載について
下馬評を覆しての「トランプ圧勝」。トランプ大統領の誕生は、世界の大きなターニングポイントになる。トランプ後の世界はどんな世界になるのか。経済・日米関係、米中関係、米ロ関係などの切り口から将来を展望する。

業績