【横山×崔】経済学が解き明かす、美貌と年収の関係

2016/11/13
AKB48グループの2代目総監督を務める 横山由依さんがNewsPicksのプロピッカーと対談する連載「教えて!プロピッカー」。政治・経済からカルチャーまで、第一線で活躍しているキーパーソンと対談し、基礎から学んでいく企画だ。
今回のゲストはマクロエコノミストの崔真淑さん。経済を分かりやすく解説し、若年世代に金融リテラシーを伝えることをミッションとしている崔さんが、経済学とは何か、経済効果の読み解き方、女性キャリアに至るまでレクチャーした。
女性が陥りやすい課題
 これまでは経済効果のお話をしてきましたが、経済学の考え方を用いた女性キャリアの研究もたくさんあります。そこから、女性特有の問題も見えてくるんです。
はじめに、「女性が陥りやすい課題」についてお話しできればと思います。
女優のエマ・ワトソンとFacebookの女性役員(COO)のシェリル・サンドバーグ。全く異なる分野で活躍する2人には共通点があります。 
それは、女性が心理面ですごく陥りやすいといわれている「インポスター症候群」に陥って苦労したことを告白しているんです。
横山 インポスター症候群、ですか。
 インポスターとは、詐欺師という意味です。女性のほうが男性よりも仕事で成功したりチャンスを掴んだりしても、「私の実力なんか全然だ」「運がよかっただけで、まわりがサポートしてくれただけだ」と、自分の価値を否定しがちになる心理的な傾向のことを言います。横山さんは、そう思うことはありますか。
横山 私も、自分の力というよりは、完全に運やタイミングがよくて、まわりに恵まれているからだなとは思っています。