新着Pick
369Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
教えることは教わることというのを、改めて感じる貴重な機会になりました。貴重な機会をありがとうございます。今回は、女性同士で盛り上がった女性とお金の話。個人的に自分が実際に助けられた研究のお話。
女性という軸で経済動向を斬ると?ということが出てきます。そこには政治、心理様々な学問の力を借りることもあり、実証に寄り添うほど経済学の視点だけで収まらない研究も出てきます。例えば史学の力も。


ザ・経済の話は?という方は、テレビ東京「Mプラス11」を見ていただけると嬉しいです^^;
更に女性ならではの生き抜く経済スキルが知りたいかたは、日経CNBC「崔真淑の働き女子学」をよろしくお願いします(汗)
美貌というのも、その人のたくさんある能力の一つに過ぎません。

親がお金持ちだとか身体能力が高いというような生来的な能力もあれば、ここで話題になっている金融リテラシーや前向きな気持のように後天的に取得できる能力もあります。

すべての人は完全に平等ではありません。
しかし、努力でそれを上回ることができるのです。
美貌と年収や成功は、かなりの程度、比例するでしょう。綺麗な女性は若い時は女性に妬まれやすいが、男性がサポートしてくれる可能性が高い気がします。しかし、年齢を重ねると、女性からのサポートが必要になってきます。人間性を磨いていく必要があるんじゃないでしょうか。

それから、女性や専門職の方々も、世界の政治や経済は理解しておくべきだと思います。視野が広い人は尊敬されます。NPは大変有用なツールになるのでは。
崔真淑さんが質問、傾聴、承認を完璧にこなされているので横山さんに癒しと自信が生まれていますね。内容ももちろんですが対話力がとても素敵だなと感じました。
女性の外見と年収という話は、本当にその通りだと思いますし研究もあるのですね。大変おもしろかったです。

個人的には、綺麗な子は小さい頃から誉められ癖がつくので、誉められたからもっとがんばろう!とポジティブになれるからだと思っていました。しかし対談を読むと、インポスター症候群のように、必ずしも誉められたことを自分の努力のおかげと前向きに受け止められないこともあるのですね。外見という自分の努力が効きにくいところを誉められることが重なるとそういう方向に振れる場合もあるのだなと勉強になりました。

外見で注目されて得をすることはもちろんあるのですが、当然そこに実力が伴っていなければ長続きしないはずです(実力が伴わない場合は遠からず新しい美人さんに取って代わられます)。注目されたきっかけに美人だからという要素があったとしても、評価され続ける人は実力も伴っているはずなので、それを正当に自己評価できる人が増えるといいなと思います。

そして、プロフェッショナルな職業に関しては歳を取っても美貌と年収が関係し続けやすいというのもおもしろいです。対談にある通り人に見られ続けているからということに加えて、個人的にはこういった職業の人は無邪気に向上心を持ち続けていることも多いと思います。いくつになっても人生の新しい山に挑戦し続ける人が多いと思いますし、そういう人は心の若さが見た目にも出ると感じています。これは男の人にも共通して感じます。
今回の記事では美貌の良い側面についての話でした。
納得できる部分は多いですね。

美貌がプラスに働く面も確かに多くあります。
けれどもマイナスに働く面もあります。

そのマイナス面についても少し。

若い頃から周りに比べると可愛かったり、綺麗だったりすると、男性からほっとかれません。

今回の記事でもあったように優遇される機会も多いわけです。

単純に付き合ってほしいという理由からだったり、可愛い子に良く思われたいという理由だったり、理由は様々ですが、

自分が動くより先に周りが何かをしてくれるということが多くなることで、

自分で対処する機会が減ってしまいます。

まわりが動いてくれるので、どうやったらまわりが動いてくれるかだけを身につけてしまい、

そうすることで、対処能力が減ってしまうのです。

大人になり、いざ仕事やプライベートで困難なことがあった時に対処できず、立ち直ることができないということもあります。



また「容姿」という側面で評価されることが多くなり、
何かで賞を取ったとしても「さすが◯◯ちゃん、可愛くてなんでもできてすごいね」などのように、その賞とは関係ないのに可愛いさを褒められることで、努力していたことを正当に自分で評価できず、自己評価が下がってしまうことがあります。

そして、

自分で対処できないため、対処してくれる男性を求め、

自分で正しく評価できないため、評価してくれる男性を求め、

誰か男性がいないと自分を保っていられなくなってしまうということもあります。

それ以外にも、早くから性的対象として見られることでのリスクや、

付き合ったり、結婚したりしてからも、男性からアプローチされやすいので浮気や不倫に陥ることで自己評価を下げるリスクもあります。

これらのマイナスやリスクを乗り越えることができれば、さらにプラスの面は活きるでしょう。
美人と年収の関係は、ロボットのデザインにも当てはまるかな?
完璧なる美貌ロボットVSブサイクだけど愛嬌があるロボット
の対決で、どちらが選ばれやすいかの調査をやってみたい。

僕はブサイクだけど愛嬌があるロボットの人気が出てきそうな気がしています。
以下の事実から推察できるのは、「事務職、一般職においては特定の年齢を超えると『綺麗だから』という理由だけでは仕事がうまく回らなくなる」ということか

>年齢が経つほど、美貌と年収が相関しなくなるんです。ただ、いわゆるバリキャリと言われるような経営者、医師、弁護士など、プロフェッショナルな職業に関しては、美貌と年収が関係し続けるとしています。
崔さんの仰る通り、金融リテラシーは特に若い方達に身につけてもらいたいことだと私も思います。ただ単に貯金しましょう、投資信託買いましょう、という話だけでなく、20代は自分に投資をする時期だという意見にもとても共感します。
いままで女性キャリアに関する記事やお話を沢山聞いてきましたが、あまり実感がわかないというか自分とは関係のない話のように感じていました。
でも、この対談は普通の女子大生の私にも響く!崔プロが本当に素敵です。もっとお話を聞きたくなりました。
この連載について
AKB48の二代目総監督である横山由依が、NewsPicksのプロピッカー陣と対談。政治・経済からカルチャーにいたるまで、最前線で活躍するキーパーソンに迫ります。アイドルグループのリーダーとして、一人の女性としての視点に注目です。
株式会社ユーザベースは、経済情報に特化したニュースキュレーションサービス及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォームを提供している日本の株式会社である。 ウィキペディア