新着Pick
378Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ほんとに出るといいけどねぇー
空飛ぶクルマ🚙

トヨタの若手が企業の枠を越えた日本型オープンイノベーション、つまり『ワイガヤ』で奮闘中です(^ω^#)

こういう柔軟な開発スタイルはミライへのチャレンジに最適です。これを許すトヨタ上層部も太っ腹です♪失敗しても金看板に傷つかないし、ヤンチャな若い衆のことですから、と言えます。

もちろん、彼ら彼女らは失敗しないでしょうし、オープンイノベーションで得た知見と人脈は本体の仕事に役立ちます(o^-')b !

でも、しっかり特許は押さえてます(微笑)
http://jp.autoblog.com/2016/07/02/toyota-patent-filing-flying-car/

東京オリンピックで飛ばす(走らせる?)夢を間接的に応援してます。

やっちゃえ、トヨタ(o^-')b !

これは夢を捨てた他社のフレーズでしたっけ?🌠

日本の若手エンジニア奮闘してます。

近々TBSのBSでオンエアのはずです、ハイ
(未確認の噂ですけど(^ω^#)

空飛ぶクルマは、悪路や急斜面や道のない
『道なき道を拓く』のに最適です。
モンゴルの草原を痛めず、ミャンマーの大洪水も無関係、アフリカもスイスイです、アルプスの山々だけは空気が薄いので空燃比を要調整ですが(大笑)
小学生の頃に描いた21世紀の絵がこんな感じでした。実際の21世紀はテロなど厳しいものが多いですが、こうしたワクワクする未来を描けると気持ちも明るくなりますね。是非規制を超えて実現してほしいです。
三次元の空もそのうち渋滞するのだろうか。垂直離着陸、ホバリング。もし渋滞したら燃費が悪そう。あと、空飛ぶ車は遠隔操作で飛び方を統制して一台一台の個性を無くすことが必要かもしれない。ワクワクは車だけかもしれない。
航続距離次第ではないかと。米国は、個人で飛行機を運転して移動する国なので、ウーバーの様な「都市内」の利用ではなく、「都市間」の利用であればニーズがあるかもしれない。

おそらく、(飛行機)の配車サービスといっても、数日前に飛行予定ルートの届け出が義務になるんじゃないかなと。
SFが作れる時代になってきてますねー
そらとびたい
VTOLって言うけどプロペラ軸固定っぽいし、速度の割には翼が小さすぎるように見えるなぁ。。ただの絵?
だんだんSFっぽくなってきた。実現できるといい。東京やNYだとサマになりますね。
今技術の進化等でインフラ規制整備があらゆる分野で必要となっている。一方で過去の延長線上で捉える政治家等の重い腰はそこまで上がらない。ただし、今後のことを考えると国の競争力の源泉に規制の自由さを兼ね備えることで都市としての発達も見込まれるかもしれない。
えー、こんなのブンブン飛んでたら鬱陶しい。
Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア
時価総額
5.53 兆円

業績

業績