新着Pick
2521Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
所感:Nate SilverやRCPの統計を見、現地のヒアリングも重ねて、それでもヒラリー勝つだろうと言い続けてきた僕は、皆さんに有益な情報をお渡しできていなかった気がしてなりません。先見の明のなさ、メディアに踊らされてしまったことを棚に上げて所感を述べさせていただけるなら、ブレグジットしかり、トランプ候補の勝利しかり、「民衆」「国民」の手に政治が渡ったのだと強く感じます。エスタブリッシュメントが頑張って頑張って守ってきた権益をぶち壊しています。これができるのがアメリカだと感じました。なぜかものすごく心は清々しいです。彼の資質自体にはもちろん心配もありましたが、彼が選ばれたこと自体には「私たち有権者は政治を自分たちで動かします」という言葉があるように感じました。

原文:
日本語のサイトは、NHKも日経も朝日もおそらく州ごと(選挙人ごと)の結果のみのビジュアライズですが、こちらのNY Timesのサイトは各州の投票所ごと、開票率まで開票速報を出してくれるので、これが一番参考になります。
http://www.nytimes.com/elections/results/president

21時45分、下院は共和党多数で決定のようです。

22時、NY Timesはトランプの勝率を64%にしました。

22時20分、激戦州の1つオハイオ州をトランプ氏が制しました。

22時25分、激戦州の1つバージニア州をヒラリー氏が制しました。

22時35分、NYTのトランプ氏勝利確率は85%に。

22時53分、最大の激戦州フロリダをトランプ氏が制しました。さらに、ノースカロライナ州もトランプ氏が勝利との報道が出ました。この結果、トランプ大統領誕生がかなり現実的になって来ました。勝率も9割に。

23時15分、カナダ移民局のサーバーが落ちました。

24時、ヒラリー氏はウィスコンシン、ペンシルバニア、ミシガン、ニューハンプシャーで1つでも落としたらほぼ終わりです。そしていま、ミシガンがトランプ氏勝利の報道出ました。が、まだ多くの報道ではミシガンも結果待ち…。ヒラリー陣営はお通夜のようです。
いやー、怖い一日になりそうです。
昨日夜にNHKで、なぜトランプが支持されるのかをやっていましたが、その番組の解釈では、根底にあるのはBrexitと同じで、「固定化された格差」とその象徴としての「移民」に対する反発、既存社会の維持につながるものは全て否定して、秩序をひっくり返してくれる可能性があるものに希望を託すという思考パターンでした。ある意味、新興宗教とか、ISとかに集う若者と同じような発想。
移民については、移民に寛容な立場をとってから、南米から大挙して押しかけ、国境警備員に喜んで「発見されて保護される」というのが衝撃でした。警備員も「まるで子守のようだ」という発言。移民は1100万人に達し、将来的には白人が50%を切ることも予測されてるとのこと。
やはり、日本についてもLレベルでの移民の受け入れは慎重であるべきと再認識しました。社会的軋轢に慣れてない日本の社会は、そのショックに耐えられる気はしません
そして、「仮にトランプが負けたとしても、トランプ現象は続きますよ」という言葉に怖さを感じました
【追記】
終わりました。まさかの結果でしたね。どういう影響があるか正直読み切れないところ
取り敢えず、下がりきったら株とドルを買うかな。。
あわてないあわてない。最大の救いは、トランプが大統領になったら彼自身が現実に大統領職を勤めることになるということ。これまでのフワフワした話では通用しない。具体的な「仕事」をしなければならない。当然、いろいろな問題が出てくる。結果が出てくる。それを受けて、アメリカ国民は当然のことながら反応する。このループが切れない限り、1930年代後半のような大惨事にはなりようがない。

追記:他国のことですが、もちろん僕はトランプよりもクリントンのほうが大統領にふさわしいと思っています。大統領としての評価はこれからの実績次第ですが、少なくとも候補者としては、その言葉にしても行動にしても最低最悪だったというのが僕の感想です。これを民主主義の機能不全という人がいますが、そうではなく「機能しすぎ」なのです。
今回の選挙はトランプ候補の勝利でも共和党の勝利でもなく、今までアメリカを動かしてきたエリート層と、大メディアの敗北であったのでしょう。

そして、華々しいアメリカン・ドリームの裏で、余りに開きすぎた格差に、どれほど多くの市民が本当は不満を抱いてきたのかを見せつける結果になりました。

しかし大メディアは真面目に働いてきたにも関わらず、報われない人々の不満を取り上げることなく、彼らを、頭のおかしいトランプ候補を支持する知識レベルの低い労働者扱いし、最後は真っ当なクリントン候補が当選するが如く喧伝をしてきました。

昨日のクリントン候補の当選確率はCNNによれば78%だったはずです。

この大逆転劇は、選挙は水モノというレベルではなく、没落しつつある中間層の不満にまともに向き合わなかったエリート達と大メディアへに降った鉄槌だというべきでしょう。

私の友人のアメリカ人弁護士は、一貫してトランプ候補支持で、ずっと彼が勝つといい続けていました。
メディアの声より市民の声が政治を決するということを、本当に実感しました。
同時に、もしこれが世界の潮流ならば、今後世界は本当に予想外の方向に進むという大きな前兆なのかもしれないと思うのです。
個人的には歓迎したい。変わらなければならないと言いながら変われない日本。私はトランプが日本の変革を後押ししてくれることを期待する。
この選択が正しかったか過ちだったかは、歴史が証明するが、アメリカ合衆国の強さは「変革するリーダーを選ぶ」という事。日本の株式市場の株価の下落は、70%の日本株を所有する外国人株主が、変われね日本には厳しい結果だと示しているように感じられる。直ぐに持ち直すだろうが。
激戦区のフロリダとニューハンプシャーでトランプ優勢を受けてか、急速にドル安が進行していますね。

追記:フロリダがクリントン優勢に変わりました。目が離せません。

追記2:肝心のフロリダとノースカロライナいずれもクリントン優勢報道で急速な円安・株高が進行しています。

追記3:トランプがフロリダを取る可能性が高まり円高・株安です。その後オハイオもノースカロライナも逆転でやばいです。

追記4:ブレグジットに続き、テールリスクが現実ものになりました。
ただ、日本やアメリカ経済への影響を考えると複雑ですね。
短期的には不確実性の高まりで円高ドル安でしょうが、ブレグジットのときのように早期に落ち着けば、米12月利上げの可能性はまだ残されていると思います。ただ長期化すればもちろん先送りでしょう。そうなると日本の春闘も厳しいかもしれません。
また、トランプが主張している大規模減税やインフラ投資も、財政悪化で米国債の格下げなどに結び付けばドル安要因にもなりますが、逆に米国の経済成長を押し上げれば、輸入関税強化と相まってインフレ率が上昇し、逆に利上げペースが速まりドル高という可能性もあります。
一方、NAFTA見直しや移民流入制限の面からすれば、需要減やコスト増を通じて米企業へはマイナスでしょう。TPPも参加国GDPの65%を占める米国が抜ければ、日本企業のグローバル展開や外圧による規制緩和等にもマイナスでしょうし、AIIBへのけん制力も弱まらざるを得ないでしょう。
あとは、内向きな外交・安全保障政策で地政学リスクが高まり、原油高騰など経済環境が不安定化するリスクもたかまるといったところでしょうか。
ただ、こうした政策は共和党主流派と対立しているため、政策が実現せず政治が停滞するリスクがより現実的かもしれません。
民主主義とネットの勝利。

旧来型メディアの崩壊が始まりました。
追記2トランプ氏が優勢になり、世界が動き始めています。フランス極右政党党首ルペン氏が「トランプ大統領誕生」をTwitterで祝福。

追記1 CNNのジョン・キング氏の解説、各州の選挙地区を拡大しては、タッチパネルの横のボタンをクリックして2008年のオバマ氏対ロムニー氏の結果と比較分析され、解説が非常に分かりやすいです。ジョージタウン市内のバーで大きなスクリーンで観ながらウォッチパーティーしていますが、Whaaaat? という落胆や Wooooo!という歓声がなど、結果が出るたびに試合観戦の様に真剣です。
http://www.cnn.com/

たった数ヶ月で開票速報のウェブページの質が各社とても進化していて驚きます。英国の国民投票では、更新しないとアップデートが見れなかったサイトが多かったです。

WSJのこの記事ですが、海外メディアの日本語訳速報は東京に大きな支局を持っている欧米メディアしかできません。その点で経済紙で大勢の翻訳スタッフがいるWSJは強みですね。期待したいです。

それにしてもNYTのサイトは細部まで投票率が確認できて非常に凝っていますね。
http://www.nytimes.com/elections/results/president

現地で二つ意外だったこと:

①DCの街中が非常に静かでした。本日は投票のために会社を早く抜けたり自宅から仕事をすることを認める会社も結構あるみたいですね。

②大学近くの投票場(公共図書館の)の近くを通ったら、最後尾で90分待ち。スーツを着た方々が寒い中静かに並んでいましたが、仕事があるからと諦める方はほとんど見かけませんでした。日本の様に週末に投票できないのは厳しいですね。
歴史に残る一日。明日より「トランプ後の世界」というテーマで緊急特集をスタートします。