新着Pick
276Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
きょうのゆとりワード「LINEネイティブ」

ゆとり世代的に、小中学校へのPepper貸与は、まじで世の中を変えうると思います。

先日、とある仕事で会った中学生に聞いて驚いたのは、最近の中学生は「きのうのドラマ、見た?」という会話をしないということ。

彼女たちには、クラスのLINEグループがあって、リアルタイムで感想をシェアしているから、わざわざ前の晩のドラマの感想を話す必要がないんです。

ドラマだけではありません。
「夏休みの宿題、どうだった?」
「今年のクリスマス、どうだった?」
ありとあらゆることがリアルタイムでシェアされているから、彼女たちはそんな「過去の話」をすることがないんです。

まあ、たしかに。
私も、LINEというサービスが当たり前にある「LINEネイティブ」として生まれていたら、そんな会話はしていなかったはず。

そう思うと、小中学校の時に、どんなサービス・技術のある環境で暮らすのかということが、その世代の習慣を、感覚を、文化を、つくるような気がします。

Pepperが当たり前にいて、プログラミングがすごく身近にある環境に育った子どもたちが、どんな習慣の中でどんな感覚を身につけて、どんな文化をつくっていくのか…?
そう考えると未知すぎてドキドキもしますが、なんだかワクワクしてきます♡
いらねー笑笑
Pepperのプログラミングツールを何度か使いましたが、ひと昔前のUIで使いずらいです。もともと違うロボット向けで、Pepper用ではないようですし。
もう少し使いやすくなれば、子供もとっつきやすくなると思うのですが…
うちの子どもはペッパーくんに釘付けです。
近い未来を考えると、プログラミングがどういうものかを知っていて損にはならないと感じているので、子どもに親和性が高いツールを教育現場に貸していただけるのは、保護者の立場として、とても嬉しい。
導入する学校はすごくいいと思う。扱える人がいる学校がどれだけあるかはわからないが、多くの学校が応募してほしい。
Choregrapheのプログラミングに挑戦して挫折した2015年初頭。
"リアルタイム会話"だけは、"TWの中の人"の実績を持って現場対応できましたがw
Pepperはともかく、基礎体力を義務教育中に身に付けられる環境が、あるか、ないか、で、その後の就労環境にも影響しそうです。
ガチなエンジニア視点だと、Choregraphは使いづらいと感じるかもしれませんが、お子さまには使いやすいツールなので、簡単なアプリ作成にはピッタリです!
有効なことな一方、現場はきっと大変ですね…
ハードがあっても、ソフト、運用をどうしていくかと… 子供達は放っておいても勝手に使ってくれるのかもですが、きっと使うには使用許可を先生に願い出て、とかやってるうちにスイッチ切られた状態でその辺で放置されるとかにならなければいいのですが。

教育現場で何を教えて指導していくのか、従来の寺子屋方式からの大きな改革が必要になってきますね。
プログラミング、プログラミング、、
プログラミングって、そんなに大事ですかね?

可読性や汎用性を追及し、セーフティなものにしていくと誰が書いても同じになりますが。。
むしろ、個人の特色が出るものはバグの温床になりやすいのでレビュー時に徹底的に削いでいきます。

設計力とは、プログラミング能力だけではないと思いますよ。

https://newspicks.com/news/1876941

論理的思考や、創造力が育めれば
何でもかんでもプログラミングに結びつけるのは不要かと。
新着記事一覧
急な出費に慌てないためにできるたった1つのこと
ライフハッカー[日本版]
2Picks

【中学受験2020】東京都私立中学の入試日程・定員・偏差値まとめ(女子版)
リセマム
2Picks

北米トヨタ、小川氏がCEO就任へ レンツ氏は4月に退任
Reuters
4Picks

留学生に違法就労を強いる30万人計画の無責任 - 研究者たちはなぜ声を上げないのか
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
3Picks

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち 石澤義裕(ワーキング・パッカー)
PHPオンライン 衆知|PHP研究所
65Picks

のんびり過ごしたいけれど、のんびりされるとイラつく(ポルトガル) 著者:<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(49)石澤義裕(デザイナー)
PHPオンライン 衆知|PHP研究所
2Picks

ケンコバ「テレビ番組の忘年会も減ってきた」進むビジネスパーソンの“忘年会離れ”、理想の飲み会の姿とは - AbemaTIMES
BLOGOS - 最新記事
2Picks

断捨離で人はなぜ“人生リセット”したがるのか――「自己啓発と意識させない自己啓発」ブーム
ITmedia ビジネスオンライン
2Picks

「寝坊してしまった……上司に怒られる!」と思いきや、嘘をつかなかったことを褒められた
サイボウズ式
6Picks

“低体温化組織”をどう変えればいいのか 業務過多とデジタル偏重コミュニケーション
ITmedia ビジネスオンライン
3Picks