新着Pick
667Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ソフトバンクは『株式会社の皮を被ったバイアウトファンド』」と何度かコメントしてきましたし、携帯電話会社というドル箱を持って自社のBSから投資し続けるという面ではバークシャーに近いとも思っていましたが、公式に宣言されたということですね。株式会社が巨大化した末の当然の帰結ではあります。
ただ、ファンド組成によって、かえってバークシャーのスタイルからは離れていってるようにも見受けられます。ファンド組成によって大量に資金調達ができた反面、償還期限が設定されているのでしょうから出口を探さねばなりません。
また、バフェットは過去に株主への手紙で運用額が大きくなったことで過去と同程度のパフォーマンスを発揮することは不可能になったと述べていますが、この規模のお金、一体どうするんでしょうか。かえって案件が絞られてしまいますし。そこは何かしらの目算があるのでしょうが、半ばSFめいた規模感の大きいストーリーに張り続けないと成立しないのでしょうね。
巨大なグロース投資というものが成り立つのか、興味深いです。
今回のポイント、ソフトバンクが以前と変わった点は以下2点だと思います。

1 事業会社から投資会社へ
従前その傾向は強かったものの、一貫して孫さんは事業シナジーを強調して、投資会社と呼ばれる事を避ける傾向があった事は明らかでした。しかし今回で一転、むしろ自ら投資会社宣言をしました。これで名実が合致してスッキリした感があります。

2 自己資金投資からファンド投資へ
今後は100億円規模以上の投資はファンド経由と明言しました。多額の借金をしてまで自己資本投資をしてきたこれまでとは大きな質的変容です。
皮肉にも孫さんが目指すと言うバフェットのバークシャーハサウェイはファンドではなく自己資本投資です。
借入をしてレバレッジを効かせてハイリスクハイリターンの投資をすれば成功した場合のリターンは高いですが、ファンド投資はその真逆です。
リスクを外部化する替りにリターンも下がるからですが、実は最大の違いは時間のリスクです。ファンドには満期があり、アリババやヤフーを15年でも20年でも持ち続けると言った事が出来ないからです。

孫さんが今回含め毎回自慢している高リターンは自己資本投資だからこそなしえ、ファンドマネジメントからは高リターンは望めない事はプロなら常識ですが、それでも、AI/IoTの新パラダイムにおける自社生態系の拡大を金融リターンより優先させた判断とも言えるでしょう。
大変失礼ながら、倒産の危機に瀕した経営者の態度に似ていると感じます。

「経営者が大きな話をしだしたら注意をしろ」というのは、銀行員や信用調査会社の常識。

話はでかいけど何も決まっていない。
杞憂であることを願っています。
10兆円規模でできる投資活動は、ホワイトスペース。競争のない領域ではある。数千億円のファンドでも稀だし、数百億円になるとそれなりに出てくる。シードやエンジェルに至っては無数。ファンドサイズが小さいほどに、競争が激しく、リスク特性も上がっていく。1兆円の会社を10社、5000億円の会社を20社とポートフォリオを絞り込んだイメージなら、結構、面白い発想で投資できるかもしれない。
やはり、そういう方向か。

どんどん、ファンドと、コングロマリットの境目がなくなる。
そこが規制の隙間でもある。
今こそ、チャンス。5年後は、わからない。
うーん、永守氏・柳井氏は、この発言をどう考えられているのだろうか。下記記事で、二人とも事業家としての孫氏に興味があるのであって、投資家としての孫氏ではないと明確に述べられている。
https://newspicks.com/news/1619938
垂直統合をファンドを絡めて行う。若林さんのご指摘通り、今のところ水平統合と違って、垂直統合には、独禁法がついてこれない。いずれ、規制はかかる。
勝手に目指してると思い込んでました。
ハイテク業界のバフェットにそろそろ肩を並べるんじゃないですかね。
ミッションの達成でなくて、規模とかを目指すのは虚しいよね。so what.
サウジからの投資呼び込みや1000億円のファンド設立などニュースの多かったSB。アナリストの予想を上回ったとのこと。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
11.4 兆円

業績