新着Pick
548Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
藤本大輔さん、ご明察。本命は恐らくペットではありません。絶対に他人に言えない悩みを抱えた家庭や施設の福音になるはずです。
ゆとりの考える方程式「開発工数のかかるモノ×超ニッチなガチめのニーズ=売れるモノづくり」

この「猫おしっこ掃除機」、絶対に欲しい人がいる。
それは、「猫を飼ってる人」。

そりゃ当たり前の話なんだけど、リアルプロダクトでここまで明確にユーザーが描けるのって、実は奇跡だと私は思う。

広告代理店とメーカーと、2つの会社に勤めて思うのは、長くても1ヶ月あれば、戦略〜CM絵コンテまで辿り着く広告代理店のお仕事に比べ、
リアルプロダクトをつくるメーカーは、数年かけて紆余曲折しまくって、モノができるということ。

たくさんの人が関わっているうちに話が変わったり、技術の壁があったりして、数年かけてやっとの思いで出来上がったプロダクトを見て、
「で、この商品、誰が買うんだっけ?」
みたいな話になることもある。笑
嘘みたいだけど、本当の話。

その点、「猫おしっこ掃除機」は違う。
猫を飼ってる人なら、猫がおしっこしてたら、絶対困る。
だから、猫を飼ってる人は、この掃除機が絶対欲しい。

そんな超当たり前だけどなかなか実現できない「開発工数がかかってもずっこけないプロダクト開発」の極意を感じる、お休みの朝でした。

朝からおしっこ連呼、失礼しました。笑
三洋電機といえば、同出身者で設立された有機EL照明のイー・エル・テクノが気になっていましたが、残念ながら倒産。
掃除機ヘッドは2万円なら需要はあるはず。期待したいですね。
これはすごい、水洗い掃除機!
昔なら、雑巾に水つけて吹いて、少しだけ汚れが取れたのが、超ラクに一気に汚れが取れるんだろうな!
元三洋電機の人だから、三洋電機のカーナビ「ゴリラ」やフードシュリンクのように、ジャパネットさんで一気に拡販してほしいなあ
この商品こそ、通販、特にTV通販で売れるな(^^)
これは子育てや介護の現場で相当な力を発揮するでしょうね。
記事も取り上げられている取り組みも💮
すごく固い需要ですね。
素晴らしい!

で、記事を見て思ったのが、三洋電機人脈はありながらも、今の時代は小さな会社でもこういったエッジのあるプロダクトを作れ、マーケティングができ、物流や販売がしっかりできると言うこと。
社会の情報格差が減り、コミュニケーションコストが技術の力で劇的に下がり、最適な企業のサイズがすごい勢いで縮小している。

日本が誇る電機系の会社が不審に陥っているのは、toC向けのデバイスを作るのに最適な組織サイズを間違えていることだと思います。それこそリクルートのユニット経営的にしていくべきでしょう。
もしくは、原子力などの大型で世界で10-1000個単位のニーズの大型プロダクトの領域に重心を移すか。
これ、いい。ニッチのようで、猫以外にも化けそう。
文章も面白かったです。筆者の大西さん、「会社が消えた日」以降もずっと三洋の方を追ってるんですね。
余談ですが、ここベトナムでは、SANYO を知らない人はいないくらい有名なブランドです。
確かに介護用にも使えそうだけ
バカでかいモップ型は米国にあるけど、これはアタッチメントなのがよいなぁ
これは完全にいけるやつですね。
三洋電機や元三洋の方が生み出すイノベーションは大好き!