【横山由依×崔真淑】AKB48から“経済効果”の本質を読み解く

2016/11/6
AKB48グループの2代目総監督を務める 横山由依さんがNewsPicksのプロピッカーと対談する連載「教えて!プロピッカー」。政治・経済からカルチャーまで、第一線で活躍しているキーパーソンと対談し、基礎から学んでいく企画だ。
今回のゲストはマクロエコノミストの崔真淑さん。経済を分かりやすく解説し、若年世代に金融リテラシーを伝えることをミッションとしている崔さんが、経済学とは何か、経済効果の読み解き方、女性キャリアに至るまでレクチャーした。
経済学はどんな学問か
――崔さんは、マクロエコノミストとして経済学が専門です。横山さんは経済学について、何かイメージがありますか?
横山 うーん、漠然と“お金の話”というイメージくらいですね。
 すごく小難しそうな感じもすると思うんですけれど、経済学って世の中の人やモノ、お金の流れを研究することで、人間が抱える悩みを解決するためにあって、すごく身近なものです。
私が、なんで経済学に魅了されたのかというと、実家が60年ぐらい続く焼き肉屋だったからなんですよ。
横山 いいなあ。私は焼き肉大好きです(笑)。
 よかった(笑)。親が焼き肉屋を経営していたこともあって、子どもを教育するに当たって、“事あるごとにホルモンに換算”していたんです。例えば、私が進学した時も「あなたの学費はホルモン何人前なんだから」みたいなことを言うんですね。
横山 どんなことも、ホルモンにたとえるんですね。
横山由依(よこやま・ゆい)
1992年12月生まれ。京都府木津川市出身。2009年9月、AKB48第9期研究生として加入。2010年10月に正規メンバーとなり、2015年12月、AKB48グループ2代目総監督に  
 そう。さらに、「○○人前ぐらいかなあ」って言っても、「なにゆうてんの! それは売上高であって、そこから人件費も仕入れ代も光熱費も全部さっ引いて、この残りからやっと学費が出せるんやで」みたいな話をするんです。
そうすると、子ども心に「ああ、お金を稼ぐって大変なんだ」と思うわけです。そのうち、「仕入れ代や人件費、光熱費ってどういう要因で変わるんだろう?」とか、「何で2月や8月はお客さんが少ないんだろう」と考えるようになっていきました。それが、経済学に興味を持つきっかけだったんです。
横山 みんなホルモンから始まったんですね。
 だから、私は自分の研究を「ホルモン経済学」と呼んでいます(笑)。経済学はお金を扱う学問ですが、横山さんはお金に興味はありますか?