新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

508Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
相変わらず斎藤某がアホなこと言ってて笑った。まあそれはそれとして、サピエンス全史って本を最近読んだ。ホモ・サピエンスがなぜ他の人類が絶滅したのに繁栄したのか。それはフィクションを作る能力があったから。だから数億というオーダーで協調することが可能であるという話。その最たるものが貨幣、帝国、そして宗教。その本を読むと頭が柔らかくなって斎藤某みたいな凝り固まった考えから脱却できます
『資本主義と自由』の中でミルトン・フリードマンは、 自由社会においても政府は重要な役割を担うと述べています。しかし、その例として挙げられている高速道路の整備運営についてはETCの普及により料金徴収コストが劇的に減少しており、また通貨制度の整備に関してはビットコインのような非中央集権型の仕組みが出てきていることを思うと、テクノロジーの進展に伴ってNの役割が相対的に減るのは必然でしょう。
この点、Gの構成要素であるグローバル企業がNの機能を一部代替・補完するのかもしれません。文中で触れられているアマゾンのような利益を出さない経営の在り方は、突き詰めて考えると、企業というよりも新しい形の宗教であるように感じます。
リオの時に自分がLGBTだと掲げて活躍する選手を、違う国のLGBTの人が応援している時に、国対抗が意味を失いつつあるなと思った。
国家もフィクション、会社もフィクション。
でも、人間はそのフィクションに愛着も感じれば、憎みもするし、フィクションに殺されてしまう人もいるもの
グローバル企業が国家を超えて存在し、一部の機能も代替していくというのはそうなきがしますが、冨山さんの「L」とは違う意味で言葉を使っているので読む人は注意が必要です
如何に地方にあろうと、グローバル経済圏で動いていればそれはGなわけで、地方に居てもテクノロジーでGで戦える可能性が出来てきたというのはその通りですが、「L」というのはその定義からグローバル経済とは断絶されているということでありどういう国でも経済の大部分はそういう人たち、というのが冨山論の一番重要なところ。なので、この定義に従って読むと混乱しますのでご注意を
アマゾンが利益を出さないから国家と対立しない、というのは、単なる結果論、後付けの屁理屈ではないでしょうか?

あるいは、利益を出さないことでしか国家との対立を回避できないのなら、それは経営者と株主の意識が低すぎるだけの問題ではないでしょうか?

世界には、例えばネスレやトヨタのように、利益の創出を第一義には掲げず、国境を超えた企業共同体を構築し、従業員が国家に対する以上の帰属意識を持ち、さらにその上で莫大な利益を上げて納税している企業もある。

繰り返し書いているが、トヨタの営業部の月度営業報告書には、売上高も利益額も書いてない。利益の創出を目的としていない証左だ。

AmazonとGoogleとFacebookだけを比較していては、視野が狭過ぎ、議論の広がりも感じられませんでした。
冨山さんの仰るGとLとはかなり違う意味でこの言葉を使っているように感じます。

冨山さんのGとLは経済圏の話をしていると思っています。グローバルとローカルはどんどん違う営みになってきていて、求められる能力や政治に求めることなどがどんどん変わってきている。それを考慮して企業活動や政策について考えるべきというのが最終的なメッセージだと感じています。

一方堀江さんがこの記事でGとLという言葉で仰っているのは、テクノロジーによるグローバル化の話だと思います。たまにグローバルなことができるからこそ、ローカルなモノがさらにおもしろくなっていくということだと理解しました。また、それによってグローバルという概念は、国家に代わるものになっていくという感じですかね。

堀江さんが考えるグローバルの役割・国家の役割はあまり理解できていないのですが、後の対談のタイトルを見るとそのような話が出てきそうなので、どういうことを考えていらっしゃるのか、読むのを楽しみにしています。
朝倉さんの「アマゾンのような利益を出さない経営の在り方は、突き詰めて考えると、企業というよりも新しい形の宗教」というコメントに、長年の胸のつかえが取れた様な納得感を覚えました。

まだ自分なりに噛み砕いて考えられるところまでいきませんが、今後の社会と企業経営を考えるにあたり、大きなヒントをいただいた様な気がします。

ありがとうございました。
イギリスがEU離脱を決め、次はイタリアだと噂され、アイルランドが国民投票で独立寸前となり、ドイツは難民受け入れを決めた首相が支持率を失い、米国が排外主義を掲げる人物を大統領に選び、中国とロシアという大国が領土拡大の野心を見せ過ぎて国際的な孤立を深めている昨今の情勢を見ている限りでは、グローバル化が停滞して、むしろ国民国家が復活しつつあるように思えるのですが。
トランプ勝利により、俄然盛り上がる「G、N、L」の議論。

ひとつ難しいのは、「L」と「N」の関係性と違いです。トランプ現象が示すのは、「Lの復権」なのか「Nの復権」なのか。「LとN」が同盟を組んだ、「G」への逆襲とも言えるかもしれません。

最新号の『The Economist』は「新しいナショナリズム」と題した特集を組んでいます。
http://www.economist.com/news/leaders/21710249-his-call-put-america-first-donald-trump-latest-recruit-dangerous
国家がもっていなくてAmazonやGoogleといった巨大グローバル企業がもっているものがテクノロジー。
テクノロジーが国家の壁やフィクションをを壊している。

これからテクノロジーがグローバルとローカルを結ぶ役割を担うという堀江さんの意見には共感します。
UberやAirbnbなんかが良い例だろうな。
テクノロジーの力を活かしグローバルに広がるビジネスが、ローカルの雇用を生み出し、新しい働き方・暮らし方が創られはじめている。

企業によって仕事が生まれ・なくなり、生活水準が決まってくる時代。
企業が国家や宗教という役割を担う流れが強くなっていくのだろうな。。
この連載について
日本のIT史において重要な企業であるソニーとライブドア。そのトップだった出井伸之氏、堀江貴文氏が、1995年、2005年、2015年、そして2025年の未来を語り尽くす。