新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
持続的な話も、破壊的な話も、うまくバランスを取る必要がある。とはいえ、その変化期には両方にお金がかかるので、投資戦略をきちんと持たないと両方の芽を摘むことになります。
人気 Picker
日本には8万人くらいいるというが、鴻海だけで5万人以上いる。
大学で、金型、切削、研磨など、を勉強し、実習もして、本当に良かった。
一生、役に立つ。鋳物工場も50は見学した。

AI、IOT、ネット時代になっても、何度かは手で作って触って図面を書かないといけない。その上で。新技術。
<追記>
ただ、3Dプリンタが多くなると金型は要らなくなる分野が出てくる。
金型で一番難しいのが、硬いものと柔らかいもの。
柔らかいものでは、おむつとか。消耗がはげしかりする。
瑞光が、紙おむつや生理用品の製造機で国内トップシェアで、工場見学に行った際に、柔らかいものが難しいと聞いた。
http://www.zuiko.co.jp/index.html
ありそうでなかった荷重センサーによる、バラツキ検出。素晴らしいです。
何故か、「下町ロケット」思い出しました。
江東区がんばってー  苦しい戦いとは思いますが D/B化はいいですねぇ 工程仕様だけでなく、部品形状、寸法公差とも紐付けてくださいね
本来的には、これは金型ではなく、金型を装着したり流し込むプレス機・射出成型機側につけるべき機能では?(今もそういうのついていないのだろうか?工作機械とかビビり発生時に止める機能などがついていた記憶がある)
以前アルミダイキャストマシンのメーカーの仕事してて、金型メーカーさんともお付き合いしてた時期がある。金型はノウハウの塊で、それ欲しさに海外からの買収が起こることもあるらしい。こういう技術はまた転用派生出来ないもんかな?