新着Pick
66Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
決算時にコメントしたが、中国の状況が稼働率含めて上がっているのは気になる。もちろん2007~2013年の極めて高かった水準に比べると低いのではあるが…
建機の交換サイクル、8~10年くらいだっただろうか?あと他国と比較して中国は稼働時間がかなり長い。またそれゆえに、市場が立ち上がったときに安さで引かれて中国メーカーを買った顧客も、トータルコスト考えるとコマツなど外資メーカーのコストパフォーマンスを理解した側面もあると聞いたことがある。
国の規模を考えると高い水準での「一定の需要」はあるだろうし、交換サイクルなどを考えても需要は現状+50~70%水準くらいで均衡する可能性もあると思う。決算資料(下記21ページ)の過去の外資系需要メーカーの台数推移グラフみながらのドタ勘コメントではあるが…
http://www.komatsu.co.jp/CompanyInfo/ir/results/2017032q/presentation.pdf
中国のローカルメーカーも状況が好転したと言ってますね。不稼働や低稼働の機械の数が減り、メンテナンスしてなかった機械を使えるようにするための部品売上も増えているらしい。牽引役は地下鉄や鉄道などのインフラ関連工事。
中国市場はまだまだだと思います。
誰も入居していないゴーストマンション「鬼城」が林立していますから、これ以上の工事はムリ筋でしょう。

建機メーカーはシェール採掘に活路を見出すものと期待しています。
日立建機株式会社(ひたちけんき、英語: Hitachi Construction Machinery Co., Ltd.)は、日本の建設機械メーカー。日立グループに属する。1970年10月1日設立。本社は東京都台東区にある。 ウィキペディア
時価総額
5,761 億円

業績

株式会社小松製作所(こまつせいさくしょ)は、東京都港区に本社を置く、日本の建設機械・鉱山機械のメーカー。呼称としてカタカナ表記のコマツを用いている。英表記はKOMATSUである。創業者は竹内明太郎。TOPIX Large70の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
2.48 兆円

業績