新着Pick
216Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国内の薄型テレビ競争は最終的に勝者なき戦いになってしまったような気もします。いつの時代も祭りの後始末は面倒でちょっと寂しい気持ちになります。

パナソニックがプラズマテレビ生産子会社を清算。既定路線であり、既に巨大工場だった尼崎の売却も済んでいるものの、会社も清算と。

結局、台湾、韓国のメーカーが次々とパネル工場に投資した液晶パネルの方が部材コストも下がって、最終的なパネルのコストまで下がっていき、プラズマテレビは競争力を失っていった。パナソニックがプラズマの工場投資を始めた当初は40インチ以上の大型であればプラズマテレビの方がコスト的にも有利、と言われていたが液晶パネルはその不利も乗り越えてどんどんマザーガラスの大型化に挑戦し、プラズマテレビのコストを下回っていき、プラズマテレビはコスト優位性を失った。
また動画描画性能ではプラズマテレビの方が未だに有利だが、液晶テレビ陣営は倍速駆動などのソフトウエア的処理でこれに対応、一般消費者にしてみればそれほど大差のない画を作り出した。これによって、一般消費者からすればコストも高くぱっと見て優位差の無いプラズマテレビを買う理由は殆ど無くなってしまった。

パナソニックのプラズマテレビは私も今でも使っていますが動画描画性能という意味では今でも液晶テレビよりも比較にならないほど美しい。倍速駆動は今でも動きが不自然だと感じるし、日本国内の液晶テレビは実は昨今のモデルの方が地デジ化の頃よりもレベルが落ちているという技術者もいるくらいです。カラーフィルターの質、など…。

津賀さんの名前ははこれからもプラズマテレビをなんとか清算した男、としてパナソニックの社史に刻まれるのだろうなあ…
パナソニックは子会社に対する債権の含み損に関して、特別清算につき損金算入のスケジューリングができるようになって、繰延税金資産を計上できるようになります(PL利益計上)。
総額では、5000億円の税率30%で1500億円の市場が織り込んでいないアップサイド。

以下、一般論です。ワンタイムの繰延税金資産には最初に保守的に評価性引当金を積んでおいて、今期は控えめに利益計上。そして理由を付けて毎期ちょろちょろ評価性引当金を取り崩せば(=繰延税金資産を計上していけば)、当期利益の座布団を毎期敷けて、将来の利益作りの観点で便利です
負債総額5000億円といっても、親会社1社からの借り入れ。
大企業が不採算部門を閉鎖したようなものです。

それにしても、プラズマや液晶はとっくの昔に世界的にはコモディティ化していたのに、エコポイントなどで延命を図ってきた業種です。
シャープも最近になってようやく片がつきました。

随分前から競争力がなくなっていたのですが…。

自動車産業もハイブリッドを作っている間、周回遅れと囁かれました。
VWがコケたから何とかなりましたが…危ないところでした。
パナソニックのプラズマテレビ最終モデルが手放せません。買い替えは有機ELテレビかな。プラズマに慣れると液晶は選択肢になりません。
Aki Mori Pro のコメントにより、損金算入につきP/Lに繰延税金資産を計上でき、当期純利益にはプラスとなることはわかりました。しかし腑に落ちないのは、清算となったPPDのP/LとB/Sをみると、まず資本金が1千万円となっていることが疑問です(整理中だからかもしれませんが)。コンシューマー向けビジネスであり、プラズマテレビともなれば棚卸資産は必要となり、キャッシュフローがそもそも回らないと思います。最終売上は220億円程度だったかと思いますが、中堅企業としては有りな値とも感じられます。数字だけからみると経営の仕方に問題があり、液晶との価格競争に負けたことが原因とは感じられませんでした。3Cだけでも考えてみると、顧客に与える効用が違うので、液晶テレビとの価格競争は避けるべきだったと思います。ニッチな市場で利益率で勝負して欲しかったです。これでプラズマテレビが世から消えていくのも悔しいです。Panasonicのプラズマテレビを飛びついて購入した者なので。

追記:斎藤陽様の例えは的確ですね。
自動車産業も20年後には?
地デジ化で空いた電波もNOTTVで累積赤字1000億円。テレビでは日立撤退。シャープ身売り。パナはプラズマ5000億円赤字で液晶から撤退。エコポイントまで使ってやった意味はあったのかなと。でも省エネ化には貢献してるか。ブラウン管が消えたこと自体は良かったと思う。恨んでるのは猫くらい?
尼崎とか堺の投資って、外野で見ててもこうなることは分かってた、あ、DRAMの時と似た陶酔だってみんなピンときたと思うんだけど、勝ってる最中に自分から降りる勇気ってないんだろうなって思う。難しい
やっぱりプラズマテレビは採算合わないですな