【プロピッカー・中村豊】アスリートの育成法はビジネスにも活かせる

2016/11/1
トレーナーという職業
NewsPicksのみなさんこんにちは。中村豊と申します。私は1年ほど前、NewsPicksで「日本テニスレボリューション」という連載を通して、プロテニス界の現状、スポーツ教育、トレーナーの視点を生かした食生活や健康管理などについてお伝えしていました。
今回ご縁をいただきまして、プロピッカーとしてNewsPicksに戻ってくることができ、とても嬉しく思っています。
そこで、この場をお借りして、改めて私の現在の活動、そして大事にしていることについてピッカーのみなさんにお伝えできればと思っております。
私は、米国フロリダを拠点にアスリート育成をしており、総合的な指導をモットーに、主要3項目(トレーニング、栄養、リカバリー)から成るフィジカルプロジェクトを提唱しています。
経歴としては、錦織圭も所属している米国IMGアカデミー、オーストラリアテニス協会などを経て、現在は女子テニス選手のマリア・シャラポワ、女子ゴルファーのコルダ姉妹、そして最近ではサッカー選手の指導育成に携わっています。
私がIMGアカデミーに在籍していたころ、錦織圭もIMGアカデミーに日本からテニス留学をしており、私は彼が13歳~20歳のころまでフィジカルトレーニングを担当していました。
それ以外にも現在は錦織圭選手を支援した盛田ファンドのアドバイザー・顧問を務めており、将来有望な同ファンドの13歳~14歳のジュニアの育成にも関わっています。
私がやっているトレーナーという職業は、日本ではなじみが薄いかもしれませんが、アメリカでは地位が確立されています。