新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

91Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事の著者野嶋さんとは10年以上のつきあいですが、この課題については以前からなんどか議論をしており、ベースは共感しています。私は「親日・親中二元論」と名付けています。

「親日・親中二元論」はとても危険で生産性のない議論です。このような見方は外国メディアはほとんどしていません。たまに日本に帰り、国際ニュースをテレビや新聞でみると、ほとんどがこの「親日・親中二元論」。大手メディアですらそうです。

私も下記の記事に自分の考えを書きました。
・【改訂版】ざっくりASEAN
第1回「日・ASEAN関係、企業進出から外交まで緊密化」
https://newspicks.com/news/1850165

また、無料でお読みいただける下記の記事にはそのさわりだけ書いてあります。
「【改訂版】日本がASEANに注目すべき理由」
https://newspicks.com/news/1850031

厳しいことを言えば、親日・親中で論じるメディアは、日本の国際認識のレベルを貶めると断じてしまいたいぐらいです。

ざっくりASEANのオリジナルは昨年8月の配信。その時点でも下記を配信しました。
「親日にあぐらをかくことなかれ。ASEANを理解するための2つの視点」
https://newspicks.com/news/1132516

ただ、むしろ、この1年間で「親日・親中二元論」は強まっています。中国は巨大な現実であり、中国といかに付き合うか、否が応でも何らかのアプローチをする必要がある、抗いがたい国際政治の現実。それを、日本国内では好き嫌いでメディアが論じがち。とくに、カギ括弧つき「有識者」「文化人」は、自分たちが如何に害悪をまき散らしているのかが分かっていない。このような感情的な見方で国際政治をみれば、百害あって一利無し。

国際政治の基本は中学校ぐらいから学ぶ必要がありますが、残念ながら現代史は学校では教えてくれません。大学でも自分で科目をとらない限りは教わらない(とってもイデオロギー偏向のある教員も)。

私は、国際政治の素養が学校教育のなかでまともに教えられていない現状に強い危惧を感じています。
【国際】外交を考える上で重要なのは、国際政治思想における「リアリスト」であるか、「リベラリスト」であるかであると思う。要するに国際政治において、「パワー」をより重視するのか、国際法などの「規範」を重視するのかということ。「親日か親中か」で国際政治を考える人たちは、イデオロギーや好き嫌いで国際政治を考えてしまっており、それでは「複雑怪奇」な国際政治を理解することはできない。残念ながら多くの人はイデオロギーや好き嫌いで国際政治を考えがちなのだが。
穿った見方かもしれませんが、習近平氏と会う時はガムを噛みながらで態度も悪く、一方で日本の要人と会う時はとても真摯な態度。何となく「経済援助が欲しいので、中国には仕方ないから行った」という風に見て取れました。ある意味、分かりやすい方ですね。
ドゥテルテ大統領は、ある意味政治家として持つべき資質と言うか戦術能力がかなり高い人物と見る。これだけ親日家を演じられると、資金援助も気持ちよく出してしまう。自分の感情よりも自国に最も有利な行動が自然に出ている様だ。米国、中国、日本といった世界の大国を相手にしてもまったく引けを取らない。
ドゥテルテ外交に関する冷静な分析。日本は相手の立場に立って外交を思考するのが苦手です。メディアとジャーナリスト自身が国際化しないとダメですね。自省も込めて。
野嶋氏の分析に同感。ドテルテ大統領はガラは悪いがしたたかに外交をしている。これからはアメリカも対フィリピン政策を改善して経済支援も増やすことになるだろう。日本人も男を含めて愛されたいという欲望が強いようだが「親日」「反日」という目で見ないで近隣諸国やアメリカとはしたたかに外交を展開して行くべきではないか。人口も経済も拡大しない日本はアジアの小国の外交からも学ぶべき点もある。我々はバランス感覚を研ぎ澄ませて東アジア諸国との関係改善を日本の長期的な国益を守る観点から外交戦略を考えなくてはならない。
情報がどう伝播するか、分かりやすい。外交、とくに経済支援を得るにあたり、感情含めて見たり勝手なバイアスで見ると、不都合な情報を排除したり正確な状況を理解できないことが伺える。正確な状況を理解することが、正確な打ち手を考えて実行するためには必要。
なかなかいい記事ですね。

他の国についても親日、親中などとカテゴライズするのは外交上もビジネス上も全く意味がないと思います。

それにしてもドゥテルテ大統領、天皇陛下との会見がキャンセルになったときは「本当に残念そうにしていた」様に見えたのは私だけ?