新着Pick
262Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちなみに国家戦略としては、ノラリクラリと外圧を交わして、国内勢が育ってくるまで規制を確保した方がいい。牛歩戦略で規制緩和を醸成しつつ、しかし実際はそれを非関税障壁として、産業振興を待つ。そして出てきた一休のサービス。国粋主義者でなくとも、使ってみたくもなるものです。楽しみ。
バケーションレンタル、日本語で言えばいわゆる貸別荘ですね。

欧米では、自己使用目的ではなく不動産値上がりを期待しての別荘投資が多いため、別荘の短期貸しはごく普通のことですが、日本ではそれほど一般的ではありません。

しかし自己使用が多い日本でも、別荘の稼働率が低いのは同じことで、大手の一休さんが参入することで、一気にマーケットに火がつくかもしれませんね。

これはちょっと楽しみなサービスです。
現行の旅館業法で定められた簡易宿所の登録を取った施設を紹介するということなので、民泊ではないですね。消防法や、条例で定められた建築基準を満たした施設ということになります。

ということで、現行のビジネスモデルの枠組みの中でサービスラインナップを増やすという位置づけですね。現行旅館業法の簡易宿所の枠組み内で市場が活性化する動きにはなっていくかもしれません。
「住」と「宿」の境界がなくなってきています。両者を区別することを前提に、諸制度ができていますが、そろそろ見直しの時期でしょう。民泊の騒動もそのことが原因です。

旅行業法は「宿泊施設」という物理的概念で手配を記述しますから、必ずしも旅館業法とはリンクしていません。海外旅行も対象ですから、海外の民泊、貸別荘は当然対象になっています。日本の個人の別荘でも構わないと私は解釈しています。
日本では逆に旅行業の登録をしなくても、貸別荘の手配はできるでしょうが、宅地建物取引業に該当するかもしれません。
さすが一休!なにかとグレーゾーンも多い「民泊」ですが、そもそも「高級ホテル予約」のイメージを貫いてきた一休が、これをやってくれると、「民泊=なんかちょっとあやしい」とのイメージも変わりますよね!

とくに古民家は、インバウンドを中心に、すぐ人気を呼ぶはず。
問題は、時期による「料金設定」の変動や、利用事後の管理をどう徹底するか、などでしょうが、その辺りも、ヤフー傘下の一休なら、膨大な「ビッグデータ」をもとに、改良&改善していける気がします。
ホテルオタクの私も、ぜひ利用してみないと!
個人的に大好きな一休がこれをやってくれるのはとても嬉しい。
Airbnbで探すときもこういう区分はないので、ちょっとお祝いでみんなで良いところを借りたいときに苦労していたので、重宝しそうです。
これは期待大!
予想通りの展開。
すこし登録施設が少ないけど、すぐに数が増えていくことを期待したい。
楽しみな領域です。我々も、、
これは楽しみ!期待したいです。
株式会社一休(いっきゅう、Ikyu Corporation)は高級ホテル・高級旅館専門予約サイト「一休.com」を運営する会社である。 ウィキペディア

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.82 兆円

業績