新着Pick
398Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
国連における核兵器に関する決議は数多く存在する。そのほとんどに、我が国は賛成もしくは棄権してきており、私の知る限りこれまで反対はほとんどなかった。岸田文雄外相は記者会見で「唯一の被爆国としてしっかり主張したい」として、交渉には参加する意向を示したとのことだが、決議に反対して条約交渉に前向きに取り組むというのは矛盾している。

被爆地出身の岸田大臣をもってしても反対となった理由は何か。日露で北方領土交渉を進めるために米国(決議には同じく反対)の機嫌を損ねたくなかったといううがった見方も出ている。パリ協定締結の遅れに続き、安倍政権の外交に疑問符がついた。国会でも質していくことになる。
これは申し訳ないが、本当に理解できない決定だと思います。
唯一の被爆国という主張はもちろんのことですが、オバマ大統領が広島を訪れてスピーチした”プレミアム”をないものにしてしまったと同じだと考えます。苦渋の選択ではあったと思うのですが(私も交渉団の中でどのような話し合いがあったのか内容は知らないので)、核兵器なき世界に向けての世界の動きに反してしまったとのイメージは拭えないでしょう。
とても残念に思います。
禁止する方が危険と思うけどね。加盟しない北朝鮮とかはどーやって抑止するのさ。
この決議に少なくとも反対は、ない。
夏のオバマ大統領の広島訪問は何だったのか。被爆地を選挙区とする外務大臣が、唯一の被爆国としての主張はされなかったのか。国会質疑でも態度を最後まで明らかにしなかった外務大臣。どんな外交交渉があったのかは推察になるから言及しないが、この政府の判断には落胆する。
核をめぐる日本の国連での行動は理解しがたいものが多く、外務省にも取材したこともあります。外務官僚たちは「これだから素人は困る」という感じで順々と説明してくれますが、その複雑骨折したような NO,because の論理はやはりおかしいと思いました。論理はシンプル、明快でないといけません。まして被爆国であることは日本の原点です。
日本は被爆国であり、核保有国ではないが、米国の「核の傘」の下にあることを理由に反対。今後の動向にも注目したい。
それほど話題になっていないように思えてしまうのは、アメリカにいるからなんでしょうか。
アメリカの主要メディアが大統領選の報道に追われているからなのか、核兵器禁止決議に対するアメリカの姿勢なのか、それほど大きく扱われていないように感じます。
日本の反対は残念ですが、被爆者にとっては念願の核兵器禁止決議。唯一の被爆国として、交渉への参加をしていただきたい。
とんふぃさんに同意。アメリカではあまり話題になっていませんし、NYTもAP通信の記事を貼り付けています。

http://www.nytimes.com/aponline/2016/10/27/world/ap-un-united-nations-nuclear-prohibition.html?_r=0
核廃絶したら通常戦力に各国予算あてたがるから余計軍拡競争が進むという側面もある。核戦争より通常の戦争のが起こりやすいから余計世界は混乱に…という側面もある。こういう事実は核廃絶賛成論者も反対論者も頭に入れてから物を言った方がいいと思いますよ。