新着Pick
421Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはファミマに大きなメリットがる施策だろう。しかし、今後の展開は、キャッシュを手にする買い物から電子マネーへの移行スピードとの駆け引きも見過ごせない重要ポイントだ。
これはインパクト大。ゆうちょ銀の前のめりな姿勢を逆手に取ったファミマの交渉手腕はお見事。
これを受けてMUFGやセブン銀行がどう動くかには注目。他にも無料化の動きが広がる可能性がありそうですね。
高齢者層の取り込みが目的だと思います。
コンビニを利用している高齢者層が昨今とみに多くなっているように感じます。

ゆうちょ銀行が使えれば、高齢者層の買い物も増えるでしょう。
実に見事な戦略です。
銀行と逆の路線のように見えますね。ゆうちょ側が手数料を負担するとしても、無料化では採算が取れない。もちろん収益性は十分計算しているのだろうとは思いますが、個人的には、この会社の取締役会が企業価値の極大化という株主本位の経営をしているのかどうかは、先般のさが美の事件で相当疑問を持っています。
これめちゃありがたい。
最近またよくゆうちょ使うようになりました。
郵便局や銀行の支店はもはや不要ですね。その分コンビニアルバイトの仕事が高度化するから、時給を思い切り上げて下さい。銀行員や郵便局員の給料を考えれば安いものでしょ。
このニュースを聞いて直感的に思うのは、ゆうちょ銀行の採算意識の問題です。
無条件でのATM手数料無料は、顧客利便性追求、顧客囲い込み狙いであるにしても、総利用者数から考えて本当に採算がとれると思ってのものなのか、「?」です。万が一の採算割れも、ユニバーサルサービス提供の一環というどうしても国の後ろ盾を前提とした言い訳を予測させられるわけです。
採算性という経済観念抜きでコンビニバンク戦争を掻き回されることは、既存の民間銀行の健全性にも影響を与えかねない問題でもあり、やはり郵政の早期の完全民営化の必要性を感じざるを得ません。
つかもう現金とか止めようよ。。
つい先日、ロイターでは提携協議が暗礁に乗り上げていると報道されたばかり。この記事の動きを見ると、イーネットも含めかなり強い関係性を気づいていそう。今後の動きを注視したい。

https://newspicks.com/news/1854553
これは良いニュースです。ファミマはイートインスペースがあったり無印商品が置いてあったりメルカリが送れたりと自分の生活で使うメリットが大きくなってきました。当然Wi-Fiもあります。

今は完全にファミマメインのスタイルではないのですがファミマメインのスタイルに変えて行く事も視野に入れよう。
株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部などに上場されている大手流通企業、ユニー・ファミリーマートホールディングスの子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.45 兆円

業績

株式会社ゆうちょ銀行(ゆうちょぎんこう、英称:Japan Post Bank Co., Ltd.)は、東京都千代田区霞が関に本社を、同区丸の内に本店窓口をそれぞれ置く、日本の銀行である。 ウィキペディア
時価総額
5.22 兆円

業績