新着Pick
582Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
深刻な問題です。5年余りで労災に認定された2000名中368名、つまり年平均74名が自殺されている。この数字はあくまで労災認定者の中での数字。問題はうつ病と副腎疲労が良く似た症状を呈すそうです。某医師が実際にうつ病と誤診され、回復する過程で副腎疲労と判明し全快された経験があります。その医師は経験を活かし分子栄養医学を実践されています。副腎疲労であればビタミンC摂取で相当改善します。今年からストレス・チェックが従業員50名以上の事業所に義務付けられました。PCで簡単な問診に答え、問題あればまず産業医が面談し、その次に心療内科医が診断します。産業医と心療内科医がうつ病と副腎疲労を間違えて抗うつ剤を処方しないか心配です。場合によっては薬の副作用で自殺を助長する可能性すらあるからです。笑えない話です。
うつ病を扱っている医者としては、20代の発病率が低いという実感はありません。
20代だと、職場環境に耐えられないと、会社を辞める人が多く、結果として重症化を回避できているケースが多い。
30代になって、家庭や部下ができると、辞められないから、重症化し、自殺まで至る人もいる…。

すぐに会社を辞める若者を悪くいう人がいますが、私は大反対です。
うつ病になったのに、違う会社に入ったら、心身ともにタフに頑張れる人はいっぱいいます。

私のクリニックでは、光トポグラフィー検査のデータで、仕事の適材適所のアドバイスもしています。
特に、双極性障害と似たデータなんだけど、双極性障害ではないという人は、職場を変えた途端、スゴい才能を発揮する人が多いです。

政府には、仕事の流動化の促進を、もっとしっかりやってほしいです。
追い込まれることが最大のストレス。どんな強いメンタルの人にも逃げ道が必要だと思います。
辞めることは逃げ道の選択肢ではあるのですが、家庭を考えれば踏み切れない。転職も簡単ではない。なので逃げ道ではない。
やはり、組織として逃げ道の受け皿(一時お休みしてちゃんと復活する機会を与えるルールと実績づくり)が必要です。

先日、中小企業社長からも同様の相談を受けました。大企業とは違い余裕のない中でも、従業員の幸福のためにしっかり受け止めるということでした。
職場の30代は、ちょうど中間管理職になる時期にさしかかります。
上と下の板挟みになるし、プライベートでも子供が出来たりと変化が多い時期です。
20代に比べて無理が効かなくなってくるのも30代。

「自分はダメだ」とか「若くなくなった」とか考えることは決してありません。
みんな同じように苦しい。
あなただけじゃない。
以前保健婦さんに健康相談で伺ったこと。
過度なストレスは身体に出るか、メンタルに出るかのどちらかだそうです。
体調不良となるか、心の病になるか。
適度なストレスはモチベーションを保つのに有用だと思いますが、過度なストレスを特に長期間に渡って受けてしまうと良くないと思います。

時には自分の心や身体に耳を傾け、無理をしないように気をつけたいですね。
人間に大きなストレスを与えるライフイベントを数値化した「ストレス点数表」というものがあります。
それによると、「多忙による心身の過労」や「単身赴任」「人事異動・配置転換」「結婚」「新しい家族が増える」などはかなりスコアが高いことがわかります。そして、これらがいっぺんにやってくるのが30代です。

特にいま、従業員がどんどん多様になる中マネジメントの難易度が上がり、中間管理職の心身の負荷がどんどん増しています。中間管理職が過労で倒れることは経営や組織へのダメージも大きいので、中間管理職の健康ケアにも注意を払わなくてはなりません。
参考:http://www.shinwa-kai.jp/data/documents/score.pdf
記事にも皆様のコメントにもあるように、「仕事のストレス」だけではなく、家庭に原因があるケースは多いと思います。30代ではないですが、私のごく身近な鬱のケースでは、ほとんどが「ブラック家庭」が原因です。

女性(専業も兼業も含め)にとって、「日本の家庭はブラック企業」だとかねがね言っていますが、男性にとってもブラックな家庭も多いと思います。家庭のマネージメントの仕方も改革すべきと思っています。
30代というのは確かに無理が効く世代。と同時に男なら額が薄くなってくるとか、お腹が出てくるとか、老化も徐々に始まってくるころだ。体力に衰えを感じる人も出てくる。疲れが取れない、お酒が抜けない、など。女性でも、ストレスから帯状疱疹になったり、毛が抜けたり、肌が荒れたり、婦人科系の疾患が出たり、と様々な問題が出てくる。家庭では子供の不登校とか、家庭内暴力とか、離婚など、私生活でもトラブルに見舞われる可能性も高くなる。全部、実際職場で見てきたことだ。そうしたストレス群にどう向き合うかが重要になってくる。どちらかというと、生真面目な人がストレスを抱え、苦しんでいるように見える。自分で解決できない問題は、思い切って人に相談することだと思う。概して日本社会では相談することは恥ずかしい事と思い、自分の中でなんとかしようとしがちだが、それが高じて精神を病んだり、重篤な病気を引き起こしたりする。自分を大切にするのは自分自身なのだ、と言い聞かせてもらいたい。自分を粗末にしてはいけない。親から授かった大切な命なのだから。
以前は精神疾患での労災申請と言えば、労基署の方が会社にきてその方の置かれている状況を人間関係や出張などか細かく調査し、かなりの時間がかかりました。

最近ではこのようなストレス度は「参考情報」として活用するものの、まずは過重労働があれば1発アウトという方法に代わってきています。
またこの時間は管理職、一般職を問わず「実態」が採用される傾向があります。

そのため最近では弁護士のアドバイスもあり、「過重労働を認めており、尚且つうつ病を発症した方」の労災申請が増え、一方で過重労働を認めない場合、申請が通りにくいという意識が広まったため、過重労働が原因以外の方は申請をしなくなる傾向があります。

結果「過労」が目立つのかもしれません。

過重労働はもちろんうつの大きな原因ですが、上司との人間関係で苦労してうつ病になる方は労災こそ認定されにくいですが、いまだに多いのが現状です。
やりたいことを長時間やっても病気にはならない。基本的には、時間の問題よりは、やりたくないことをやってるか、やりたくない人とやってるかどちらか。
新着記事一覧
「茹でガエル状態の企業」に多く見られる社員の思考の問題点とは - News&Analysis
Diamond Online
2Picks

英語力ゼロだった外資系IT社長に聞く、人生を変えた「超学習法」
Diamond Online
3Picks

「今日は会社サボります」で2000円もらえる異例の人事制度 - スタートアップに学ぶ組織の処方箋
Diamond Online
2Picks

働く人がイキイキ仕事するために必要な機能とは? - 企業内キャリアコンサルティング入門
Diamond Online
3Picks

ナチュラルメイクで、 美肌・小顔に見せるには? - 自分のままで圧倒的に美しい 「自分の美しさ」を引き出すメイク
Diamond Online
2Picks

【英語で謝罪シリーズ】ビジネスシーンで「I’m sorry.」と謝る人は要注意! - 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550
Diamond Online
2Picks

【韓国】曺氏辞任で政権運営厳しく[政治] 日韓関係の展望、木村教授に聞く
NNAアジア経済ニュース
3Picks

デジタルトランスフォーメーションに成功する企業は何が違うのか - DHBR
Diamond Online
5Picks

部屋の壁で世界を表現!? 雰囲気豊かな木製ウォールアート「3D世界地図」が登場
ライフハッカー[日本版]
3Picks

台東区の避難所が“ホームレス拒否”し物議、ネットでは「自己責任」の声も 「日本社会の分断あらわに」 - AbemaTIMES
BLOGOS - 最新記事
3Picks