新着Pick
333Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
テキストメッセージは儲からない、枯れた技術と言っていた、キャリアメールを軽視していた皆さんは息をしているだろうか。
人気 Picker
JR九州が苦節30年でやっと上場を果たしたら「LINEに続く大型上場」の見出し。LINEより後ということに感慨しきりです。LINEは東日本大震災の被災者支援から発想されました。5年と30年という上場までの道のりの違いに社会構造の変化を痛感します。九州新幹線の全面開通前日に東日本大震災が起き、祝賀式典が次々と取りやめになったことも、何やらLINEとの因縁を感じます。それにしても軽々とマネタイズ。うらやましい限りです。
全体の伸びは17%増だけど、広告部門が72%増の314億円。まだまだ広告の比率が上がりますね。パフォーマンス重視型広告がここまでは牽引していますが、まだあまりなさそうですが、そろそろブランド広告もジェット噴射が始まりそうなので、さらに来期は期待できそう。
注目のLINE決算、広告事業が伸張。
ゲーム、マンガ等のコンテンツ事業の比率は30%にまで下がり、今期末には「もうゲーム会社とはいわせない」状態になりそうです。
パフォーマンス型広告はタイムラインなどに流す形式を指すようで、この成長可能性はまだ高いと思います。
ただ、FBや食べログなどの諸サービス同様(もちろんNPも)、広告主により過ぎるとユーザビリティが低下するのでさじ加減が難しそうです。
この規模でも売上でフェイスブックの30分の1で、時価総額は40分の1ほど。英語圏や中国圏といったメジャー言語圏と、マイナー言語圏ではこれくらいの差がついてしまう。
LINEは本当に便利ですねー。
写真なども簡単に送れるし、グループみんなで見ることもできます。

グループが増えすぎて負担が多いという人もいるようですが、それは自分自身で規律するしかありません。

私は、写真や笑えるネタを一斉に送って反応は期待していません。
「見てくれた時に少しでも笑顔になってくれればそれで十分」と割り切っています。
まだまだ伸びるな
16年12月期3Q累計(1-9月)の連結税引き前利益は前年同期比11倍の152億円に急拡大。広告事業が好調に推移しているとのこと。
LINEがしっかり稼いでいるようでうれしい限り。
広告の収入が伸びているようですが、ユーザーは10代20代が大半なのかな?30代以上のビジネスマンは、メッセンジャーとしては使ってますが、タイムライン見て買い物しようという人は少ないのでは?
タイムライン広告を導入後今までのブランド広告向けから、基準を広げ広告主自体の社数を増やした。これからもっと伸びることは間違いない。
ビジネスコネクトで年間1000万近く企業から搾取してればそれは儲かります。。でも、悔しいけれど広告媒体として無視できない。。

業績